【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関。mondaikyusai.org/

【病院事件簿シリーズ】看護師に押し売り、選挙運動を強要

 村内代表の告発

 生々しい病院実態に迫る・・・シリーズ第五弾!!!

看護師に押し売り、選挙運動を強要

ブラック職場、ここまでも・・・


 尊敬される職業として看護師の道を選択する人も多いと思う。

 しかし、現実の激務とストレスによる挫折によって道半ばで去る看護師も多く存在するのも現実・・・。

 人命を救いたい一心で看護師の道に飛び込んでみたが・・・理想と現実は違った・・・その現実の一例を紹介してみたい。


 県内のある病院では、高齢の患者に対して食券を販売しているという。

 患者の多くは、食事を管理され制限されている人もいる。

 各病室に看護師が食券の販売に赴き看護業務とは思えない押し売り商法紛いをさせられたという。

 患者の中には、食券を買っても食べることも出来ない人も含まれていたという。

 そんな患者にも売りつけたというのだから、ただ事ではない。

 ベテランの看護師は、何食わぬ顔で売っていたが、新人看護師には、到底理解できない行為だったという。

 患者が食べれない事情を知る看護師が、食券を売ってどうするのか・・・単なる金集めの行為だからだ。

 看護業務は、患者に寄り添い完治を目指すこと・・しかし、業務命令である以上、断ることも出来ない。

 良心を打ち砕かれた一幕である。


 選挙の時期になると慌ただしくなる病棟・・激務を終えて帰ろうとすると第二の激務が待っていた。

 選挙対策室に入り、候補者の選挙活動を命じられる。

 病院が用意した名簿に片っ端から電話を掛けまくる。

 ノルマもあり、ひたすら掛けまくる・・。

 看護業務とどう関係があるのか・・2時間くらい掛けまくると耳が痛くなる。選挙期間中は、毎日続く・・。

 疲れた体に更にストレスが溜まっていく。良心を打ち砕かれた第二幕である。


 車椅子の患者をリハビリに付き添っているとベテラン職員から、この人は治る見込みがないことを説明された。

 患者の前で・・患者が理解不能だと思って発言しているのだ・・。リハビリの責任者としての言葉か・・。

 良心を打ち砕かれた第三幕である。


 激務を終えて帰ろうとすると催しの景品を集めることを命じられた。

 病院から金銭が用意されることもなかった。

 自主カンパで用意しなければならない。

 近くの中古雑貨屋へ行き買い揃えて提供した。

 自腹を切ってまで・・・。

 景品の収益は、病院に入る仕組み。

 看護業務とどう関係があるのか・・ゲームと称して子供からも金を集める。

 良心を打ち砕かれた第四幕である。


 勉学に励み国家試験に合格して掴んだ看護師への道・・理想と現実がストレスへと逆走する。

 そんな中で正しい医療が達成できるのであろうか。      

 

 大好評につき次号へ

スポンサーサイト

【病院事件簿シリーズ】甘い管理体制、ばれなきゃいいのか!

 村内代表の告発

~病院事件簿シリーズ~

甘さが生み出す病院管理体制危機・・バレなきゃいいのか!!!


 福井県内の病院で起きてきた事件を紹介していこうというのが、病院事件簿シリーズである。

 笑って済まされない闇に葬られた医療過誤や管理体制にスポットを当てていくシリーズも今回で第四弾となる。


 冬になると流行してくるノロウィルスによる感染・・病院内で集団感染しても監督機関に報告されず放置されてきた。

 当然、院内でも外部に漏れるとヤバいということで口止めが職員に命じられたというのだから恐ろしい・・・。

 感染源は、いろいろ考えられたが、ある看護師が鳥肉刺身を食したことで体調を崩し高熱を発生したが、看護師不足の要因もあって勤務を続行したことで大量院内感染したことが疑わしいということであった。

 ノロウィルスの特効薬は開発されていないということもあり多くの患者が苦しむ結果となった。

 監督機関に報告すれば、社会公表ということで病院のダメージが大きいということで戦々恐々としていたということである。

 幸いにも死者が出なかったことで闇に葬られてしまったというもの。仮に死者が出ていても死亡原因は書き換えられていたのかも知れないが・・・。


 病院から抜け出した患者が行方不明となり職員が探し回ったが、数日後、死亡していたことが分かった。

 その恐れがある患者を注意深く管理するのも病院管理であるのだが・・ここで問題なのが、警察に届け出ることも躊躇い職員だけで探し回ったという。

 職員の数名だけで探し当てようなんて誰が考えても不可能に近いとも思うのだが・・・結果的には、亡くなっているところを発見されたという最悪な事態。

 管理体制が問われ公表されても問題ないと思うが・・・。


 ◆怪談? 通い妻? 異常さ横行


 夜勤で勤務していた看護師が、さり気なく窓を見るとあり得ない数の掌が、自身の目に飛び込んできたという・・恐怖心が先に立ったのか病棟を飛び出して帰宅してしまったという・・。

 夜勤は、日勤と異なり職員も23名といったところだろうが・・放置された患者は大丈夫だったのであろうか・・。


 医師のドーナッツ化現象ともいうのか、看護師より医師不足の病院も多く見受けられる状況。

 医師に辞められると外来・夜勤が大変なことになるということで、看護師が医師の夜勤に合わせて当直室に入り浸るという・・翌日、ベッドのシーツ交換で発覚するピンクな痕跡・・。

 当然ながら、交換を担当した職員から忽ち漏れ伝わることになる。

 通常なら病院外でコッソリとプレイなら見て見ぬ振りもありそうだが、そうではないという・・・これも夜勤扱いになるのであろうか・・。

 患者が急変しても即対応することは、かなり難しそうである・・・ナースコールが声で掻き消されそうにも思えるが・・。

 通い妻そのものである。

 次号へ

【福井南署・事件放置】迷走捜査、新事実が発覚!

福井県南署の謎!!!!!! 

戦慄の迷走捜査・・新事実発覚!!!


 福井南署が、5年前から通報を受け放置してきたとされる詐欺事件の重大証拠関係が、717日福井検察審査会に提出された。

 提出された証拠内容は、被疑者の供述録音データとデータを文章に起こした書類等になっている。

 供述している内容によると被疑者自身が、会社社長に事件の経緯と謝罪を行っている。

 自身の犯した罪を背任と認め弁護人からも告げられている内容になっている。

 被疑者の罪認録音は、平成247月頃から計4回面談し謝罪を受けた内容の中に含まれていた。

 それを受けて社内調査を念入りに行い平成258月に福井南署に刑事告訴したのである。

 当然ながら、民事訴訟においても決め手となり被告側が損害賠償を支払うことで和解している。

 しかし、原告は被告の余罪については、和解せず争う事を裁判所との間で合意したものである。

 従って被疑者が、平成27年12月の和解までは、自身の罪を背任と認めていることになる。

 それ以降は、全面否認になったと考えられる。


 平成25年8月に告訴を受理していれば、現在の状況になっていたことは、到底考え難いというのが常識であろう。

 平成30年春まで受理を引き延ばしてきた捜査機関には大きな疑問が残る。

 被疑者が背任を認めているにも関わらず、背任罪での告訴状を受理しなかった。

 一連の経緯は、前回も掲載説明しているが、背任罪の時効は5年間であり間に合わない・・・時効7年の詐欺罪は時効秒読みで間に合う・・が、今年7月末には、一部時効・・年末には、全て時効を迎える。

 平成25年に提出されている録音文章が、果たして捜査されていたのか大いに疑問が残る。

 被疑者が、自ら背任を認めている経緯について疑いの余地もないのに時効ギリギリまで放置し供述も一転してしまう余裕を与えたのは、捜査機関ではないのか!!!

 被疑者は、当時、周囲の関係者に捕まることを察知し怯えていたことも陳述されている。

 その後、他社に転職しても同様なことで解雇されているらしい。

 一連の経緯や証拠からしても5年間も放置される事件とは、到底考え難い・・・何かしらの圧力が掛かったのか更に謎だらけだ・・・。


 現在、福井県警察本部監察課の調査が進められているが、刻一刻と時効のカウントダウンが早足で迫ってきている。

 誰もが逮捕・起訴を確信していただけに寝ぼけた言い訳は更に信用信頼失墜に繋がることを忘れてはいけない。

 証拠に足りる条件が整わない・・なんて端的な説明は聞き飽きている被害者の胸中は、怒り爆発しているのである。

 福井検察審査会に提出された録音データは、決定的な証拠になる。


 次号へ。


【豪雨被害と医療過誤】人命を守る立場に苦言

 村内代表の論説

 人命とは何なのか・・守るべき立場に苦言。。。

 看護師が不満を患者にぶつける事件も!!


 豪雨によって多くの人命や財産が消えていった。

 福井でも平成16年の豪雨によって甚大な被害が起きたことは記憶に残っている。

 幾度となく砂防ダムの溜まった土砂取り除く事業を早急にやるべきと訴えてきたが・・砂防ダムに溜まった土砂が、ダム上部のスレスレにまで達していて土石流を止めることが不可能な状況になっている。

 大雨で大量の濁流が、滑り台の役目になっているため更に勢いを増すという仕組み。

 全国には、多くの砂防ダムが設置されていると思われるが、その殆どは土砂で埋め尽くされているのではないか。

 ある政権が、事業見直しでコンクリート事業を凍結したこともあったが、全てが良かったのかに疑問が残る。


 河川事業の予算額は先進国ではあり得ない額にもなっていて、発展途上国の国家予算並みだという。

 何十年ものローンを抱えて一瞬にして建物が崩壊し借金だけが残る・・・。

 現状の予算配分では、とても人命を守ることなど不可能に近いのではないのか・・。


 溜まった土砂を再利用する事業も考えるべき・・昨今のコンクリート事業で不足する副資材に活用することも不可能ではないのか。

 人命を守る国家事業として砂防ダムの土砂取り除きは、必要不可欠であると思う。


 社会問題被害者救済センターブログでシリーズ化している医療過誤問題でも人命問題を取り上げているが、組織の在り方に疑問を呈する。

 地域医療連携として県内の大規模総合病院から患者を小規模病院が受け入れた。

 受け入れて間もなく喉に異物を詰まらせて重篤になったという。

 異物というのが患者の入れ歯だったことが判明し元の総合病院に緊急転送されたという事件・・。


 後に漏れ伝わった事情は、看護師が詰まらせたというものであった。

 看護師が勤務先に対して不満が高まり騒がせたかったという理由らしい。

 病院では患者が誤って飲み込んだことで始末したという。

 人命救助の最前線で殺人未遂ともとれる状況が現実に起きているということを理解しなければならない。


 処分すれば、公表を余儀なくされ訴訟問題も待ち構えていることで、蓋をするということが暗黙の了解にもなっているようにも思える。

 守るべき立場とは、患者なのか組織なのか。

 自身のイライラを罪もない患者で晴らせるのか・・・。

 地域医療連携のメリットもあるが、何も知らない患者の命の危険も考えなくてはならない。


医療事故調査制度から3年 検証へ提言

 村内代表の論説

 医療事故調査制度施行から3年・・検証への提言!!!


 本日も横浜医療機関で起きた消毒剤混入点滴事件の続報が流れている。

 故意だろうが誤薬であろうが、人命に甚大な影響がある。

 患者も家族も医療機関を信頼し治療を受けている。

 医療従事者の気分次第でミスを許されるものでは絶対にない。


 内部告発保護法で発覚する医療事故の件数も氷山の一角に過ぎないと思われる。

 医療事故調査制度が平成27101日に施行され3年を迎えようとしている。

 この法律に医療機関の不安材料が多く山積しているのも事実であろう。


 医療機関では、インシデント・アクシデント報告書だけで済まない影響がある。

 刑事罰・裁判といった自身のみならず勤務する医療機関も破綻に追い込まれる可能性が高いからだ。


 福井市内で起きた医療事故も検証されないまま闇に葬られたケースもある。

 新米看護師が、点滴誤薬にて患者の血圧が急降下し死亡に至った可能性がある事故も死因は心不全で片付けられている。

 看護師の不足から、一人でダブルチェックなしで病室を回っていたらしい。

 遺族にも誤薬に対する説明がされてないらしい。

 大病院では、バーコードチェックなどで薬剤の適性を判断しているところもあるが、そうでない医療機関もある。


 大病院から中小医療機関へ紹介されて医療を受ける地域連携にも問題があるのではないか。

 もともと大病院の先進医療を受けたくて来院したが、病室いっぱいということで紹介され仕方なく患者も家族も受け入れるしかない。

 しかし、そこで待っていたのは、医療過誤による重篤となれば、到底納得するはずもない。

 昨日まで元気だったのに・・・と。自身と医療機関を守るために甚大な事故が隠されても良いのであろうか。


 地域医療連携は、患者の集中を和らげるサービスでもあるが、医療技術の面でも考えるべきではないだろうか。

 医療従事者も裁判を起こされ勝訴したとしても社会的制裁がどこまで回復するか不透明の中で申告するということに抵抗があるだろう。

 しかし、命を犠牲にした患者には何の罪もないのだ。

 検証されないまま見過ごすことは、医療過誤の繰り返しにしかならないのだ。県の医務薬務課は、断じて昼行燈であってはならないのだ。


次のページ

FC2Ad