FC2ブログ

【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

 あらゆる権力を監視する弱者救済・告発機関

【勝山剣光堂問題】原告代理人を懲戒請求へ

検証・・北海道の被害者怒りの告白!!!

原告代理人の粗末対応発覚!

さらに不信感爆発!!!

深刻事態、懲戒請求へ

損害賠償を視野!!!


  59日に11年ぶりとなる刀剣二振りの返還が叶ったばかりの被害者の怒りが収まらない・・・。

 勝山剣光堂事件で返還請求訴訟をしてきた中で、これまで和解たるものは存在しない。本件だけが、和解になったことは事実である。全ての訴訟で全面勝訴を勝ち取ってきた。裁判所の認識も大きな前進になっているが・・。

 しかし、本件を何が何でも和解にする必要があったとは思えない。刑事裁判の中でも強制執行・調停等の際にも数々の犯罪が証明され、極めて悪質なことが行われてきたことも公判で明らかになっている。当センターとしても公判で決着されることを疑っていなかった。

 原告代理人から当センターには当初、公判で決着させるとの報告が入っていた。ところが原告から和解するとの情報が入った。当センターと歩調を合わせ共有してきた原告代理人だったが、和解の方向で進めていることを報告していなかった。

 何故にこんな危険な道を選んだのか?! 和解が時間短縮・微々たる金銭縮小となることは考えられるが・・勝山の過去の悪逆非道を考えると、返還される刀剣の品質が最悪になる可能性があることは認識していた筈だった。

 しかし、原告への説明では「裁判が12年くらい掛かるかも知れない・強制執行が失敗するかも知れない」等と、原告が不安になり和解案に納得するしかない方向に進めたこともあったようだ。

 それならば、和解する前に原告代理人が、刀剣の品質を確認することが当然ではないのか! 錆・傷・輝き程度くらいは、バカでも把握できる筈である。それに強制執行時に返還された刀剣類の中には、品質不良・紛失等もあったことも事実である。

 が、原告代理人は、原告に対し全く説明すらされていない! 原告はネット上で被告勝山の素行を認識しており、恐怖に怯えていることも認識できていたと思われる。結果的に返還された刀剣の品質は、再研磨の必要性があり元の刀剣には程遠い物であった。それに預けた刀剣を自らが高額で買い戻すことに納得する者などいない。徹底的に争う姿勢など感じられない原告代理人に、原告が失笑、失望、不信感をあらわにするのは当然ではないか・・。

 返還時の領収書にも不具合が発覚しているが、原告代理人が返還立ち合いに参加しているというのに気が付かなかったのか・・。原告の怒りも爆発しているが、当センターとしても検証を進め早急に弁護士会へ懲戒請求の提出も辞さないものになっている。

 原告の財産が守られないとしたら、何のための原告代理人だったのか!!!任務懈怠と云われても致し方ないものだ。当初は、志もあり勇敢に見えていたが・・非常に残念である。

スポンサーサイト

【勝山剣光堂事件】11年ぶり、北海道の被害者に刀剣戻る

11年ぶりに刀剣返還!!北海道へ帰る!!!

刀剣所有権人質に金!金!金!金!金!

ふざけるな・・自分の刀剣を高額で買戻し!!

年金暮らし更に生活圧迫・・・

弁護手法は正当だったのか・・疑問が残る和解案承諾!!!


 令和元年となって最初の刀剣返還となった59日午後2時過ぎ、被告勝山が経営する勝山剣光堂にて刀剣一振りが返還され、午後3時過ぎには福井警察署にて残る刀剣一振りが無事に返還された。実に11年間もの時を経て親元に帰ったという何とも言い難い事件解決への道のりであった。

 返還されたことは、嬉しい話でもあるが、中身については決して納得がいくものでは断じてない。そもそも刀剣の所有者は、委託販売を希望していたが、研磨する必要もない刀剣に更に研磨すれば、価値が上がると持ち掛けられたという。勝山極悪商法の第一条というところか・・。

 第二条・そして月日が流れネット上にも紹介されないことに疑問を感じ連絡をしても不通が続く。更には、研磨させた上での価値は、高額になると言って信用させておきながら、数万円の価値しかないものを所有者が勝手に価値を不当に上げたからだと責任逃れに入る・・

 第三条・そして得意のトラブル極悪商法大本命の勝山国憲法・・勝山剣光堂規則に抵触したとして不当金銭要求へとロケット発射となる。当然、刀剣は横領されたままとなり、実に11年が経過した。

 所有者にしてみれば、刀剣は大事な息子、娘に匹敵するものであり、一日千秋の思いで無事に帰ってくることを日々願っていた。11年間の間には、体調を悪くし闘病生活もあったという。生活面も年金が頼りだともいう・・。そんな弱者に平気で血も涙も存在しないというのが本流となっている実態なのだ!

 本件は、裁判所からの和解案を受け入れた形にもなるが、返還された刀剣の状態は、錆・傷・汚れも目立っている。事前に弁護人が、刀剣の状態を確認していれば、問題も解決できていた可能性も高いのだが・・。和解を受け入れる前に最低限の仕事として確認義務を怠っているとしか思えない・・返還されれば、結果オーライでは、当センターの協力弁護士は決して断じて務まらないことを考えるべきだろう。

 社会問題被害者救済センターは、被害者の心に寄り添っていく方針は、今後も揺るがないように進めていきたい。

【福井県・池田町議選】某町議が職員人事に圧力か

 ー福井県・池田町ー

町議に職権乱用疑惑か!?町職員人事に絡む!!

極秘に調査・・・どうなる町議会議員選挙!!!


 任期満了に伴い選挙戦となる福井県池田町の町議会議員選挙。定員8名のところ、3名がオーバーする激戦となる模様だ。そんな中、あってはならない疑惑が社会問題被害者救済センターに情報提供される。

 ある町職員の人事について議員が、役場幹部に圧力を掛けたというもの。職員は、数年前から休職しており、その親族の方から議員に人事異動に関する口利の申出があったという。

 一般的には、二病院から診断書が作成され本人が総務に提出することが通例だと考えられる。但し、本件の場合、休職して数年ということもあり、退職の二文字が職員親族に影響していたと感じる。

 親族としては、せっかく町職員に採用されたものを退職させることは、避けたいという願いは透けて通るもの・・・ということで議員に職員の職務上、楽なところへの人事異動を願い出たというところであろうか。

 議員も断ることが職務であるが、浅はかにも役場幹部に持って行ってしまったというのだから大変・・。いくら選挙が近いことで票積みが優先とは云え職権乱用とも取れる行為は、言語道断ではないであろうか。今後、役場内部でも調査が進み隠蔽されることなく公表されることを期待したい。

【石川県入札問題】当センターの告発を金沢地検が受理

 石川県入札問題
当センターの告発、金沢地検が受理
地検と県警、本格捜査へ

 石川県の入札に関し、社会問題被害者センターの村内代表が県職員2人を強要、背任容疑で金沢地検に告発していた事件について、同地検は10日、告発を正式に受理した。村内代表は11日には、石川県警にも告発状を提出した。

 これを受け、地検と県警は同事件について本格的な捜査に入ることになる。

  事件の舞台となったのは、粟津温泉石川県小松市)にある道路に施した県発注の公共工事。この工事の事業費の一部が、同工事の完成を祝うイベント「粟津街なか線完成を祝う会」(昨年8月)の費用約250万円に充てられた。

 イベントは民間団体が主催したもので、この費用に公共工事としての県費が充てられたことになる。当初の設計書の中にはイベント費用などという項目はなかったが、県担当者は受注業者に対し「イベント費用が埋め込まれている」として、支払わざるを得ない状態にした。

 イベント費用は今年に入り、設計変更により工事費に組み込まれた。この際、県は変更契約の日付を、実際には今年2月に実行したのにも関わらず、昨年12月の日付を記載。虚偽公文書作成の疑いがあることが、朝日新聞などの報道で分かっている。

 

【石川県入札問題】県が虚偽公文書作成か

 石川県入札問題
県が虚偽公文書作成の疑い
朝日新聞、北陸朝日放送が報道
県担当者が認める

石川県入札問題で朝日新聞報道  4月10日付の朝日新聞・石川県版=写真=と、北陸陸朝日放送のニュースで、石川県入札問題に関する独自ダネが報じられた。
 (北陸朝日放送のyoutube映像→https://www.youtube.com/watch?v=rHpuvASxn4k

 問題の工事は石川県の粟津温泉に整備された道路整備に関するもの。この工事の建設費用から約250万円が、受注業者を通じて、同道路整備の完成を祝う民間イベントに支出された。支出に当たって県が設計変更を行い、イベント費を捻出する工作を行ったが、この際、変更契約の日付を実際には今年2月以降に行ったにも関わらず、昨年12月3日付で作製していたことにしていた。

 この事実について、両報道機関の取材に対し、県担当者は「工期内に書類を作成できず、日付をさかのぼって記載した」と認めている。この話が事実であれば、虚偽公文書作成・同行使の疑いがある。

 

次のページ

FC2Ad