【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関。mondaikyusai.org/

【お知らせ】メルマガ発刊となりました

 まぐまぐでメルマガ発刊します ぜひ登録を


 メルマガの「まぐまぐ」(http://www.mag2.com/)で、社会問題被害者センターのニュースを発行することになりました。
 購読希望の方は、「まぐまぐ」のトップページにある検索窓に「社会問題被害者救済センター」と打ち込んで検索し、登録してください。

 基本的にブログの記事を発信します。
 登録しておけば、ブログ確認の手間が省けます。

スポンサーサイト

村内代表を紹介する記事

2017年02月16日付

福井新聞記事 

社会インフラとしての高谷滋樹弁護士

 社会問題被害者救済センターの協力弁護士として活躍が期待される高谷滋樹弁護士が、独立し京都に事務所を開設しました。


 高谷弁護士は、福井でも活躍されている湯川弁護士の下で鍛え上げられたサラブレット級の弁護士です。

 一見して優しい顔ではありますが、訴訟ともなると頭脳派と度胸の良さで圧倒します。

 特に役人と対峙するときの高谷弁護士は、弱者に対す不当は絶対に許さないという態度が頼もしく思えます。


 社会問題被害者救済センターには、日々いろんな問題が県内外から寄せられております。

 そんな中で難問に取り組む優秀な弁護士が解決に尽力してくれることは大変有難いことであります。


 事務所開設

 都総合法律事務所

 京都府京都市下京区鶏鉾町480番地オフィス-ワン四条烏丸802

 弁護士 高谷滋樹

センター協力弁護士に若きエース参加決定

湯川法律事務所

〒604-0891

京都市中京区御幸町通竹屋町上る毘沙門町542松屋ビルアネックス3F

電話075-253-6570 FAX075-253-6571

弁護士 高谷 滋樹 たかやしげき


 旧武生信用金庫巨額不正融資を追及してきた弁護団のメンバーでもあり、度胸と知識も抜群の力量を誇る弁護士。

 センターが受け付けた「シルバーセンター剪定作業損害賠償訴訟」高裁判決でも倍額を勝ち取ったことでも有名。


 この事件は、坂井市在住の男性が自宅庭木の剪定作業をシルバー人材に依頼したところ、依頼してもいない庭木を無残に切り取られ枯れてしまったというもの。

 県内弁護士にも相談したが、誰一人として受け取ってくれなかったという。

 共産党関係者にも相談したが、話を聞くだけ聞いて放置されたという。

 男性は新聞報道で社会問題被害者救済センターの存在を知り、相談してきた経緯である。


 当初、男性は弁護士に頼らず個人で訴訟を起こしたが、一審は敗訴に近い判決が言い渡された。

 どうしても納得が出来ないことからさらに個人で控訴審へ。

 しかし、控訴理由書は複雑化しており個人の能力では限界があったという。


 ただ控訴審から弁護士を頼もうとしても、一般的に高裁からのスタートのリスクは高く、簡単には見つからないのが現状・・・。

 それに控訴理由書の期限が、迫っているという難問だった。

 この段階でセンターに相談。

 センターの下した判断は、県内弁護士を選任することなく京都の弁護士を指名した。

 複雑な背景があった損害賠償請求だったが、控訴理由書期限に間に合い、最終的に倍額判決を勝ち得た。


 シルバー人材側も安易に仕事を受け取ったことから起きた事件だということは理解しているだろう。

 しかし、庭木も人間と同じ生きているもの。

 一度、生命線に傷を入れれば、現状復帰は難しい。

 事務手数料を徴収するのであれば、雇用者の管理を果たすことは当然の職務である。

 本件のように責任逃れで長期間の精神的苦痛を与えたことを猛省し、今後の事業運営に生かして欲しいと思う。


 以上のことから、高谷弁護士はロケット発進できる弁護士であり、福井県にも馴染んでいる弁護士だと考える。

 今後も協力弁護士ドラフトを推進していく所存です。


小さなことでもセンターへ相談ください

 社会問題被害者救済センターが発足し、丸1年が経過しました。

 これまでに旧武生信用金庫・不正融資事件はもちろん、勝山剣光堂事件の被害者の会の設立、越前町の農業補助金虚偽報告事件など、さまざまな社会問題に取り組んできました。

 ただ最近、「センターは大きな社会問題でなければ扱わない」という固定観念が一般に広まっているという話を耳にしました。

 しかしそれはちょっと違います!

 巨悪に挑むのも我々の大きな役割ですが、当ブログのプロフィールにも書かれているとおり、「弱者に対する犯罪や不法行為について、弁護士とともに法的手段を用いながら解決していきます」というのが我々のスタンスです。

 一般市民、弱者の苦しみを救済することが、我々の使命です。

 事の大小に関わらず「刑事告発したい」「損害賠償を請求したい」などの市民の思いに応えたいと考えています。

 例えば自己破産、借金の利息過払いなどでも相談に乗ります。

 

 当センターの協力弁護士である久田先生が対応します。

 何といっても、関西在住という「福井のしがらみゼロ」の弁護士だけに、変な裏取引などの心配もありません。

 また、敏腕弁護士だけに安心して任せられます。

 勝山剣光堂事件でも、民事訴訟ではまれな「完全勝訴」を勝ち取っています。

 久田先生のHP (←クリック)
  

 先生方に相談する前に、当センターの村内代表が無料相談にのりますから、金銭的にも助かると思います。

 お気軽に当センターへメールください。muraken@angel.ocn.ne.jp 
次のページ

FC2Ad