FC2ブログ

【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関

校長いじめ訴訟が敗訴 いつまで続く行政より判断

福井県司法氷河期・・・いつまで続く!!!行政寄り審判!!!

教諭イジメ裁判・・・真相無視!!判決文薄っぺらに愕然!!!

国民の生活財産を守れぬ司法判断!!!


  原発差し止め判断で民衆のヒーローとなった樋口裁判長の後任として、福井に赴任した裁判官は、もはや民意とはかけ離れた判断のオンパレード・・・そのことが、司法氷河期と揶揄される経緯だ。判決を出したがらない裁判官・・・下手な判決文を書けば叩かれる恐れ・・それでも国民は、司法のジャッジに頼るしかない。

 昨日、福井地裁で校長による教諭イジメの判決があった。世間では、原発シフトで赴任した裁判長と期待されない噂も流れる中で・・結果は、原告棄却!!

 判決文を見ても真相には、触れず薄っぺら理屈のみ。飲酒運転の濡れ衣についても証人の意見も無視。誰にでも書けそうな文章が躍る・・。もはや文句があるなら、高裁で頑張ってと謂わんばかりか。飲酒運転をしてないことは、数名の証人から陳述されている。飲酒運転を証明した教諭は、自らが、朝方までベロンベロン状態。極めて信憑性も低いのだ。それでも裁判長は、真相に触れることはしない。

 原告教諭は、何度も圧力に耐えきれず死の選択を考えたという。イジメが社会問題化する中でこんな司法判断で正しいのか!!! 今後、同様な事件が起きても判例として判断されることを理解しているのであろうか。真相を究明し正しい判断を出すのが裁きの原点ではないだろうか。

 司法は偏った判断を下すべきではない。福井地検でも不起訴が乱発し検察審査会に申し立てるケースが多い。しかし、福井検察審査会で不起訴不当と判断されても起訴に至ったケースを聞いたことがない。不起訴不当と判断されても地検の回答は「再捜査の結果、証拠に足りる・・」と、終了する。とても被害者を守る立場とは思えない。

 トランプ大統領なら罷免してしまうのではないか・・。

スポンサーサイト

【巨大スクープ】石川県入札で極秘資料入手!


 血税を食い物にする面々を告発へ!!!

国家事業で沸く石川県公共事業で暗躍する大物たち!!!

石川県庁建設課から請求書の実態!!!

大物県議も暗躍か?!

土木工事入札落札の極秘資料・・・入手!!!

近日中に捜査当局に告発状提出!!動かぬ証拠!!!


 今年も何かと世間を騒がせる事件が多くあり、当センターにも多くの社会問題が寄せられた。裁判所・検察庁・警察・行政機関へとフルに駆け回った一年でもあった。

 そんな中、お隣の県で超弩級クラスの極秘資料を入手することになった。今や全国から観光で沸いている石川県から・・・疑惑では、到底納得できない税金の使途に関する極秘資料・・・公共工事においては、入札の透明化が進んでいる中での大事件・・景気に沸く石川県で許されざる実態を近日中に告発する。県民の政治不信と失望は、計り知れないものとなるのかも知れない。

【意味不明メール問題】ベテラン弁護士に挑戦状か

迷惑メールの変形版・・・県内弁護士を巻き込む!!!

ベテラン弁護士に挑戦状か?!刀剣記事を標的か!!!


  昨日発覚した悪質メール事件だが、弁護士から当センターに対し相談期日指定が送られている。県内弁護士事務所に多数送られているのだから、一般相談とは違うようだ。一般的なら弁護士を絞って相談すると思うのだが・・・。

 当センターに対して送られているメールアドレスは、所謂「捨てアド」を使用しておきながら、弁護士事務所への連絡には、プロキシを経由せず発信元IPを直接露呈していることが大失敗とは気付かないのであろうか・・・。

 どうやら刀剣記事に対して不満があるように思える。22日の早朝7時に弁護士事務所にメール相談を持ち込み当日10時に面談希望とは、何とも乱暴的にしか見えないが。弁護士からセンター代表に連絡があったことから、見抜けていないことも考えられるが、弁護士業務を妨害していることも察すると当センターと弁護士会を標的にした迷惑メールの変形版だといえる。民事・刑事事件として避けられない事態となっている。

当センターに宣戦布告か 意味不明メールが法律事務所に

社会問題被害者救済センターに宣戦布告か!!!

意味不明メールが県内法律事務所へ!!!


  1122日早朝から、県内法律事務所数ヵ所に、当センターの記事をいかがに思うかという内容のメールが送信されていることが発覚した。

 疑問に思うのは、当センターの掲載内容を自らが、弁護士に判断してもらう必要性もないとうことである。送信主に対し弁護士の方も異常を感じていると思われる。一部アドレスには、福井でしか使われない下品用語も含まれているが・・なぜか東京となっている。それも年齢的にも中高年が使う用語か・・・。

 どうも福井弁護士会名簿のホームページ開設事務所に送られている模様だ。御丁寧に当センターアドレスを連絡先にしていることから、弁護士事務所から自動送信されている。当センターでは、相談者からの金銭申出は、一切されておらず全てボランティアになっていることは、新聞報道でも流れている通りである。

 当センターとしては、IPアドレスも残されていることから、刑事事件として進めていく方針である。

【勝山剣光堂事件】被告、実刑判決のはずが保釈!

民法・刑法も通じない!実刑判決も恐れぬ!!収束不能男!!!

保釈中にも同手口で犠牲者発覚・・更に控訴後保釈許可!!!

犯罪者に極手厚い司法判断に被害者大激怒!!!


 民事三次訴訟が始まり来年早々にも判決が言い渡される運びとなっている。勿論、今回も全面勝訴に向けて着々と進めている。そして四次訴訟も準備に入っている。そんな中、控訴して拘束されていた被告勝山が、三次訴訟に参加していた。

 920日の福井新聞掲載の記事でも仰天した人も多く存在したと思われるが、保釈中にも関わらず同手口で不当要求という内容だ。この件については、地検検事・福井署にも報告されている。

 福井新聞記事に真っ先に反応したのは、被告側であった。保釈を許可する以上、厳しい約束事が課せられるが、被告勝山には、どこ吹く風といったところ・・。未だに偽名真木源蔵を使用し通用しないか勝山剣光堂規定を盾に悪徳商いを続けているという。

 控訴後は、さすがに保釈申請も簡単ではないと思われたが、そうでもなかったようである。司法は、死んでいるのか・・・。福井地検からは、被害者に対し控訴審に対して説明が入っているとも言うが、悪質かつ危険人物を野放しにしておいても不安が広がるだけである。当然ながら、何かやらかせば即刻御用となることは間違いないにしても・・保釈後の責任は誰が取るのか・・まさに無法地帯と化している。

 お決まりではないが、控訴して約3ヶ月で動きが出て上告ともなれば約6ヶ月で動きがあると推測するとその期間中も犠牲者が出る可能性もある。裁判所の職務には、国民の生活財産を守る義務があることを忘れないでもらいたいものだ。

次のページ

FC2Ad