【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関。mondaikyusai.org/

【舞鶴市長への施術問題】一知半解、害毒まき散らすな

コメントに対するコメント
舞鶴市長施術の検証記事
一知半解、害毒まき散らすな


 舞鶴の大相撲巡業に関するブログ記事に関しコメントがあったので、これに関連し記事を書きたいと思います。
 コメントは以下の通り。

 日本救急医学会の「ICLSコース」ディレクターで、昭和伊南総合病院麻酔科診療部長のO氏は、 YouTube に投稿された動画に映った土俵上の様子を自分で見たうえで、中心になった女性がとった行動を大絶賛しています。

その発言から判断してO氏は相当トレーニングを積んだ方であると思われます。その分析は完ぺきで、救急蘇生のスペシャリストと考えていいでしょう。

特記すべきは、文中で「完ぺき」「スペシャリスト」「文句のつけようがありません」などの言葉が繰り返されること。責任ある専門家の立場より、相当冷静に評価を行った結果と考えられます。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/05/rescue-doctor_a_23404339/
※「ハフポスト日本版」の執筆は朝日新聞が担当しています。

 以上、コメント引用。

 コメント内のリンクから医師の見解を読んでみると、心臓マッサージに関する評価のようです。
 脳の損傷に関しては全く触れられていませんね。

 当センターがこの件に関し取材したのは心臓専門医の方ですが、この医師から見解を頂きました。
 医師は「心臓専門医の立場からすれば、停止直後なら妥当な判断になるのでしょう」とする一方、「免許更新などでビデオを見たことがある人なら、脳を損傷している可能性がある事故者を動かさない方が良いと解説しているビデオを見たことがあると思います。この場合、アナウンスで医師を探すか、救急車が来るまで待つことが適切だったでしょう」と、脳障害を踏まえた処置をする必要があるとしてます。
 
 コメントした当該のO医師は救急医学の専門家ということですが、コメントでは当該の看護師の心臓マッサージの腕が良いと指摘しているだけで、蜘蛛膜下出血という患者自体の症状を勘案していないようです。

 また前のブログで指摘した通り、心臓は動いていた可能性があります。
 脳の止血を優先すべき状態なのに、心臓が動いた状態で心臓マッサージを施せば逆効果になる可能性もあります。
 当該看護師の処置に関し、本質が欠落したコメントと言っても良いでしょう。

 今回の舞鶴市長に関しては、心臓マッサージを施すことによって、下手をすれば重い障害を負ったり命を落としたりした可能性があったと言えます。

 元朝日新聞記者が担当した記事ということですが、一知半解の記事を載せたことで今後、一般人がこれに習い患者を悪化、死亡させる可能性があることを考えれば、同記事は重大な問題をはらんだものであると言えるでしょう。



スポンサーサイト

【舞鶴の大相撲巡業】医師の設置義務づけ急務

村内代表の論説

 大相撲巡業の医療行為の是非・・・

 看護師の蘇生処置に問題も??

 医師の設置義務づけ急務


 土俵で倒れた舞鶴市長のことが連日報道されているが、看護師の医療行為自体は正しいと判断されるのか・・・。

 ある医師の映像判断によると、倒れた市長の片腕が動いていることから、心臓が停止している状況ではなかったと思われる。

 心臓停止であれば全く動かないか、軽い全身痙攣が見られるとのこと。

 つまりは、心臓は動いていたことになる。


 駆け付けた看護師は、映像を見る限りでは、脈をとることもなく心臓マッサージを始めている。

 この行為は決して良いことではないという。

 それに呼吸の確認もしていないと指摘する。

 何が起こったか確認もせず倒れたら、盲目的に心臓マッサージをすべきではないという。


 結果として診断は、くも膜下出血。

 脳の動脈瘤が破裂して起きる病気。

 心臓が止まることはないという。

 くも膜下出血での血圧は200にもなりここで心臓マッサージをすることは更に血圧が上昇し破裂した動脈瘤からの出血が更に悪化する可能性もあるという。


 命が助かったことで問題にならなかったが、間違った処置で命を落とさなくて良かったというのが、正しい意見なのかも知れない。

 誰も勇気をもって駆け付けた看護師を責められないが、この処置が重篤化した要因にでもなっていれば、大変なことになっていたのかも知れない。

 大勢の集まる興行においては医師の設置を義務付けることも大切なのかも知れない。

【福井税務署問題】税理士に依頼、速攻解決

村内代表の論説

納税義務は脳税対応に限る!!

税務署VS庶民・・文章通達でビビる必要なし


 前回ブログで取り上げた払え払えのオンパレード事件だが、一気に解決したことを報告する。

 社会問題被害者救済センターに相談があって委任を受けた後、当センターで策を練る。

 税務署も納税義務という庶民不向きの法律を盾に首を縦に振ることは難しい・・。

 弁護士に依頼したとしても容易ではないという考えで税理士に委任することを選択した。


 ここで大事なことは、税務署文章通達が行政指導なのか税務調査に関するものか。

 悪質でない限りいきなり税務調査という形はないと思われるが、庶民にしてみれば税務署署長の印鑑が押された文章通達が郵送されれば、マルサの女シリーズを想像してしまいビビりまくるだろう。

 そこで一息ついてもらい文章をよく読んでもらう・・行政指導というなら話し合いの余地もあるということ。

 税法に従って払う意志を明確に示すことで譲歩を引き出すことも大切である。

 本件は、税理士にこちらの言い分を明確に伝え税務署に出向してもらう手段をとった。


 弁護士さんと違って着手金も要らないので日当分ということになる。

 交通費込みでも一万円程度で・・。

 庶民派税理士さん費用は、安価にしてもらえる・・大変有難い。

 手続きも簡単で委任状に印鑑を押すだけで相談に乗ってもらえる。


 本件は、過去5年間分の徴収もなく本年度から税金を納めることで解決した。

 相談者もこんなに早く解決するとは思ってもいなかったようで満足していただけた。

 当センターとしても役に立てたことを誇りに思う。

 まずはご報告まで。

【論説】記者魂ゼロ・・あきれた全国紙記者 

村内代表の論説

○○記者・・あなたには記者は務まらない


 弱者救済の活動を細々と二十数年続けている。

 活動の中で政治・捜査機関・官公庁・弁護士・新聞記者等々と信頼関係を築き上げていくことが事件解決に繋がっていく。


 策なければ策士は務まらないと自覚している。

 単に弁護士を使って勝てるなら楽で仕方がないが、裁判はそんな単純なものではない。

 所詮、判決も人間が下すもの・・一寸先は、闇と化している。

 裁判もAI化が進めば、公判開始から判決まで1分完了・・裁判官も要らない時代が来るのかも知れないが。


 最近、違和感というか呆れるような新聞社事情を目の当たりにした。

 小生の携帯電話に、ある全国紙記者から電話があったのは3月初旬だったが、取材の受け答えの中で同業他社の不正について尋ねたところ「他社もお客さんですし書けない」・・「上の許可も出ない」・・と平気で答えてくれた。

 ジャーナリストが、真実・公平な事実報道を捨ててしまったら記者は務まらない。

 何を考えて報道業界に飛び込んできたのか・・・呆れて返す言葉もなかった。

 他の全国紙記者に情報提供した際にも小生の頼みなら掲載してあげますよ・・等と言われたこともある。

 情報提供に頼みもクソもあるか!!・・こんなレベルの記者と信頼関係を築き上げていくことは所詮無理な話でありジャーナリスト魂なんぞ持ち合わせていないのである。

 誤報虚報は、記者魂を軽視した人間性から生まれてくるのかも知れない。


 このブログをチェックしている記者は、多く存在していると聞くが、報道は三権分立の監視役であることを忘れないで頂きたい。

 情報提供者と記者は、信頼関係で成り立っていることを忘れてはいけない。

 飛ばしを受けるのは、信頼関係が足りないと気が付くべき。

 記者魂もドラマで学ぶべき時代なのか・・・

【毎日新聞誤報疑惑】小浜市の医療に甚大影響 記者の執拗攻撃で

 コラム鬼手仏心
  【毎日新聞誤報疑惑】
  急性心臓疾患の医療不能に
  取材執拗、誤報の影響甚大


 福井県嶺南地方を担当している毎日新聞の記者が、杉田玄白記念公立小浜病院(福井県小浜市)の元男性医師に名誉棄損容疑で告訴された事件。(http://mondaikyusai.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

 毎日新聞の報道後、小浜病院は、男性医師が「女性看護師につきまといやメールを繰り返した」という理由で停職3カ月の懲戒処分としました。
 処分前、既に男性医師は辞表を提出していますが、退職の原因が毎日新聞の報道であることは明らかです。


 ■緊急搬送に1時間半?

 男性医師の退職は心臓カテーテル治療に経験豊富な医師ですが、今年1月12日付の福井新聞によると「心臓カテーテル治療を担う専門医の補充ができず、昨年11月上旬から2カ月以上、急性心筋梗塞の治療ができない状態が続いている」ということです。

 急性心筋梗塞と診断した場合は全て、30分以上かけて市外の病院へ転送しているとのこと。
 小浜市内で急性患者が出た場合、救急車は近くても京都府舞鶴市か福井県越前市まで走らなければなりません。
 福井県福井市の病院に行くしかない場合、高速道路を使っても1時間半近くかかります。
 急性心筋梗塞という疾患は一刻を争うものだけに、小浜病院に専門医がいなくなったことで、助かる命が助からない可能性もあります。


 ■「妙に執拗な報道」

  当センターが元民から得た情報によると、当該の毎日新聞の記者は最初の記事を報じて以降、小浜病院に対ししつこく「まだ処分しないのか」などと問い合わせたということです。
 またこの問題に関連する記事を何度も書いており、県内で報道に携わる人からは「妙に執拗な報道」との認識も出ています。

 もし報道された「つきまとい事案」が存在したとしても
 ①警察が事件として捜査しているわけではない
 ②女性に生命・財産の危険がある状態というわけではない
 ③男性医師は地方公務員の立場にあるとはいえ、公務にまつわる犯罪・不祥事ではなく極めてプライベートな問題
 なのですから、そこまで執拗に報道・取材するのは合点がいきません。

 当該記者がなぜ執拗な取材・報道を続けたのか理由は定かではありませんが、この報道により男性医師が追い詰められ、辞職に陥ったとすれば、毎日新聞の社会的責任は甚大と言わざるをえません。
 
 メディアスクラムなど報道の弊害が指摘されて10年以上がたち、近年は「マスゴミ」という不名誉な名称で呼ばれる大手報道機関ですが、このような不可解な報道をするようでは「さもありなん」という状況。
 やがて司法の捜査が始まりますが、今後、男性医師により民事訴訟も提起されるのは確実な情勢です。
 法廷の場で、3大新聞の一つである毎日新聞の報道姿勢がただされることになりそうです。


 
 
 

次のページ

FC2Ad