FC2ブログ

【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関。mondaikyusai.org/

【福井県校長パワハラ】労働組合、見殺しか

福井県教育行政を揺るがすパワハラ構図!!

労働組合・・・見て見ぬ振りの見殺しか!!!


  社会問題被害者救済センターに相談を寄せる事件の中でも労働問題は数多くある。労働事件は、時には生命に関わる重大化も報道である通りである。

 内部通報も法律があっても告発者を守り切れない不十分法律の一つであろう。資本主義の原理である優れたものを製造販売する・・・。不正によって社会の混乱を許さないということと内部告発者を守るということで公益通報制度がある。現状では、内部告発者は守られるどころか反逆者扱いとされるケースも多い。来年には、改正されるらしいが、国会が不正した側に刑事罰化を明記できるかが問題だと思う。

 パワハラの問題も罰則規定を厳罰化する必要があると思われる。今回の福井県立嶺北特別支援学校のパワハラ事件も悪質の度を超すものだ。労働組合の組合員にも登録されていても助けるどころか見て見ぬ振りだったともいい毎月会費を納めている意味すらない。何か不測の事態に陥った時のための労働組合のはずが、見殺し状態になっている。

 生徒のイジメが社会現象化されている中、教諭間でもイジメが常態化していることも忘れてはならない。イジメをやっている教諭が、生徒にイジメをするなと言っても何の説得力もないのに等しい。

 労働組合が弱体化すれば、単なる集金システムにしか見えない。上に物も言えない労働組合だからパワハラ構図が揺るがないのも事実であろう。過去に看護学生が、附属の看護学校教諭の授業ボイコットを受けたことで共産党県会議員に相談を持ち込んだことがある。議員は県労連を紹介したという。看護学生も戸惑いながらも県労連を訪ね事情を説明したところ門前払いになったという。学校問題を労働組合に行かせることも考えられないことだ。労働組合も議員の行動に不信感を持ったことは云うまでもない。。。結局のところ、福井新聞社社会部記者の協力を得て問題解決に至った。

 弱小労働者は、不測の事態が起きた場合、どこに頼るべきなのか・・・頼るところがあっても問題解決には至らないケースも多くある。追及すれば、居場所がなくなることも予想され黙認する選択肢しかない苦しみ・・。悪いこともしていない人が、叩かれる社会にだけはしてはいけない。

 今回の福井県立嶺北特別支援学校のイジメ問題も死を考えるまで追い込まれた犠牲者の一人である。今では、死ななくて良かったと話してくれる。社会問題被害者救済センターとしても全力で支え問題解決に全力を尽くしたい。パワハラ構図を許してはいけない!!!この問題で教組が最後まで出てこなかったことを遺憾に思う・・今後、同様な問題があった場合、どのように解決するのか是非とも説明してもらいたいものだ。

スポンサーサイト

【福井県校長パワハラ事件】和解せず判決へ

 村内代表の論説

 現役教育者VS福井県立嶺北特別支援学校校長

福井県知事も巻き込んで「陰湿パワハラ」裁判!!!

和解せず判決へ!

痛みに耐えた熱血教諭に全国から熱視線!!!


  生徒や保護者からも信頼厚い男性教諭のパワハラ問題が、報道等で知られることになって2年の月日が流れる。福井県立嶺北特別支援学校の校長が、男性教諭を不当な圧力によって精神的苦痛を受けたというもの。それに男性教諭だけでなく実姉までも攻撃を受け睡眠障害にまで追い込んだという前代未聞の事件。

 現在、福井県は国民体育大会の真っ最中でもあるが、県外から引っ張って来た男性教諭2(国体選手)も関わっていることが判明している。被害男性教諭が、飲酒運転の濡れ衣を着せられた事実は2名の教諭からの証言だったという。

 当然のこと被害男性教諭は、飲酒はしたが運転などはしていない。関係者も陳述書等で証明している。べろんべろんに酔っ払っていたのは、2名の教諭であったことも証言されている。被害男性教諭は、赴任して来た2人に福井県の良さや仲間としての温かいもてなしをするべく招待したプライベート宴会だった。まさかでっち上げ策略に陥れられるとは夢にも思わなかったという。

 飲酒運転と云うなら、この2名の教諭の方だろうとも考える。朝方まで飲んでいたという事実からも帰宅・通勤も運転しているのだから、立派な飲酒運転ではないのか・・そもそも国体選手としての自覚がないのか・・それとも福井県に呼ばれただけ・・。それが影響してかは不知だが、本大会で2名は入賞すらなく惨敗に終わっている。

 被害男性教諭が店で飲んでいたのは、トマトジュースだったとも云いべろんべろんに酔っ払った2名の教諭が、ワインと見間違えたのか夢だったのか判明しないが、スポーツマンとして如何なものか。福井県を代表する選手として多くの県民が応援する姿を如何考えていたのか。情けない限りであり教育者として恥ずべきではないのか。

 判決は125日午後110分福井地裁で行われる。

【ブラックジャック先生からの提言】熱中症予防には「体を冷やす」

医療最前線に立つ天才ドクター!!! 熱中症報道へ感想・・・

水分、冷房より「体を冷やす」工夫を


 熱中症予防に水分塩分補給と言われますが、実際に病院に搬送されてくる方は、大部分の方は、しっかり水分補給を取っておられます。

 つまり、水分補給されていても熱中症になっているのです。


 では、なぜ熱中症になっているのかというと、水分を補給しても発汗による気化熱では体温を下げられず、中心体温が上昇しすぎて救急搬送、死に至るというのが現状という。

 気温が高すぎて汗の気化熱程度では体温が下がらない。

 湿度が高いので汗が蒸発しない・・従って摂取した水分は、蒸発せず体に残っている。


 普段から有効に発汗するように体が鍛えられていない・・外に出ない・運動しない・クーラーの部屋にいる・高齢で環境に適応できない。

 小児は、体重に比べて表面積が相対的に多いので体の貯水量より発汗量の方が多いので直ぐに干上がってしまう。

 また、死亡例は脳が高温に耐えからではないかと想像する。

 これらに対して論理的に対処する必要があるという。


 報道では、水分とクーラーを多く発信しているが、それも正しいのですが、

・ペットボトルではなく保冷できる水筒を持って冷たい水やお茶を飲んで中から体を冷やす

・冷媒を保冷バッグに入れて体を冷やす

・帽子を被り脳を冷やす

・水で濡らしたタオルを首に巻いて冷やし脳に熱い血液を送り込まないようにする

等、体を冷やす工夫が大切だという報道による提案が少ないように思えるという。


 例年よりも暑さが増していることは、間違いない。

 我々が子供の頃にカブト虫やクワガタ虫を捕まえに走り回ったあの頃に熱中症になった記憶がない・・日射病という言葉を聞いたことはあるが・・。

 この時期、外出には体を冷やす工夫が必要である。


【豪雨被害と医療過誤】人命を守る立場に苦言

 村内代表の論説

 人命とは何なのか・・守るべき立場に苦言。。。

 看護師が不満を患者にぶつける事件も!!


 豪雨によって多くの人命や財産が消えていった。

 福井でも平成16年の豪雨によって甚大な被害が起きたことは記憶に残っている。

 幾度となく砂防ダムの溜まった土砂取り除く事業を早急にやるべきと訴えてきたが・・砂防ダムに溜まった土砂が、ダム上部のスレスレにまで達していて土石流を止めることが不可能な状況になっている。

 大雨で大量の濁流が、滑り台の役目になっているため更に勢いを増すという仕組み。

 全国には、多くの砂防ダムが設置されていると思われるが、その殆どは土砂で埋め尽くされているのではないか。

 ある政権が、事業見直しでコンクリート事業を凍結したこともあったが、全てが良かったのかに疑問が残る。


 河川事業の予算額は先進国ではあり得ない額にもなっていて、発展途上国の国家予算並みだという。

 何十年ものローンを抱えて一瞬にして建物が崩壊し借金だけが残る・・・。

 現状の予算配分では、とても人命を守ることなど不可能に近いのではないのか・・。


 溜まった土砂を再利用する事業も考えるべき・・昨今のコンクリート事業で不足する副資材に活用することも不可能ではないのか。

 人命を守る国家事業として砂防ダムの土砂取り除きは、必要不可欠であると思う。


 社会問題被害者救済センターブログでシリーズ化している医療過誤問題でも人命問題を取り上げているが、組織の在り方に疑問を呈する。

 地域医療連携として県内の大規模総合病院から患者を小規模病院が受け入れた。

 受け入れて間もなく喉に異物を詰まらせて重篤になったという。

 異物というのが患者の入れ歯だったことが判明し元の総合病院に緊急転送されたという事件・・。


 後に漏れ伝わった事情は、看護師が詰まらせたというものであった。

 看護師が勤務先に対して不満が高まり騒がせたかったという理由らしい。

 病院では患者が誤って飲み込んだことで始末したという。

 人命救助の最前線で殺人未遂ともとれる状況が現実に起きているということを理解しなければならない。


 処分すれば、公表を余儀なくされ訴訟問題も待ち構えていることで、蓋をするということが暗黙の了解にもなっているようにも思える。

 守るべき立場とは、患者なのか組織なのか。

 自身のイライラを罪もない患者で晴らせるのか・・・。

 地域医療連携のメリットもあるが、何も知らない患者の命の危険も考えなくてはならない。


医療事故調査制度から3年 検証へ提言

 村内代表の論説

 医療事故調査制度施行から3年・・検証への提言!!!


 本日も横浜医療機関で起きた消毒剤混入点滴事件の続報が流れている。

 故意だろうが誤薬であろうが、人命に甚大な影響がある。

 患者も家族も医療機関を信頼し治療を受けている。

 医療従事者の気分次第でミスを許されるものでは絶対にない。


 内部告発保護法で発覚する医療事故の件数も氷山の一角に過ぎないと思われる。

 医療事故調査制度が平成27101日に施行され3年を迎えようとしている。

 この法律に医療機関の不安材料が多く山積しているのも事実であろう。


 医療機関では、インシデント・アクシデント報告書だけで済まない影響がある。

 刑事罰・裁判といった自身のみならず勤務する医療機関も破綻に追い込まれる可能性が高いからだ。


 福井市内で起きた医療事故も検証されないまま闇に葬られたケースもある。

 新米看護師が、点滴誤薬にて患者の血圧が急降下し死亡に至った可能性がある事故も死因は心不全で片付けられている。

 看護師の不足から、一人でダブルチェックなしで病室を回っていたらしい。

 遺族にも誤薬に対する説明がされてないらしい。

 大病院では、バーコードチェックなどで薬剤の適性を判断しているところもあるが、そうでない医療機関もある。


 大病院から中小医療機関へ紹介されて医療を受ける地域連携にも問題があるのではないか。

 もともと大病院の先進医療を受けたくて来院したが、病室いっぱいということで紹介され仕方なく患者も家族も受け入れるしかない。

 しかし、そこで待っていたのは、医療過誤による重篤となれば、到底納得するはずもない。

 昨日まで元気だったのに・・・と。自身と医療機関を守るために甚大な事故が隠されても良いのであろうか。


 地域医療連携は、患者の集中を和らげるサービスでもあるが、医療技術の面でも考えるべきではないだろうか。

 医療従事者も裁判を起こされ勝訴したとしても社会的制裁がどこまで回復するか不透明の中で申告するということに抵抗があるだろう。

 しかし、命を犠牲にした患者には何の罪もないのだ。

 検証されないまま見過ごすことは、医療過誤の繰り返しにしかならないのだ。県の医務薬務課は、断じて昼行燈であってはならないのだ。


次のページ

FC2Ad