【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関。mondaikyusai.org/

越前署の情報漏洩で検察審査会へ

 越前署の警察官が昨年、暴行事件の被害者の携帯電話番号を同意なく加害者に伝えたことから、当センターが警察官を地方公務員法違反(守秘義務違反)容疑で告発していた事件。

 福井地検が不起訴処分としたことから、当センターは3月22日、福井検察審査会に審査を申し立てました。
 同審査会は同日付で受理しました。

 情報漏洩の発覚後、所轄署は被害者に対し情報漏洩を認める発言をし、文書も送付していたのですから、不起訴処分は納得できるものではありません。

 暴行事件の加害者に対し、被害者の携帯電話番号を教えるなど、どういった二次被害が起きるか分かったものではなく、不起訴は不当としか言えません。

  
スポンサーサイト

FC2Ad