fc2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【センターの天鬼予報】某ブロック紙に落雷警報

 センターの予報

 某ブロック紙に虚偽報道
 しっかりと自浄の備えを

【旧武生信金不正融資】金融庁は襟を正せ!

 コラム鬼手仏心 by管理人
 金融庁は和解の事実を真摯に受け止めよ

 2011年に明るみとなった旧武生信用金庫の不正融資事件。
 社会問題被害者救済センターの村内代表が陣頭に立ち、長年、戦い続けてきました。

 村内代表が職員から相談を受けたのが事の始まり。
 内部では支店長によるヤクザまがいのパワハラ、管理職による支店内での強姦事件など、とんでもない事態が横行していました。
 そして、これらの被害とともに、酒造会社への不正融資の事実も持ち込まれました。

 村内代表は矢継ぎ早に、警察への背任容疑での告発、民事の会員代表訴訟を繰り出しました。
 手ぬるい様子の福井地検に業を煮やし、名古屋の高検へ直談判しに赴いたこともあります。
 さらに共産党議員に情報提供し、参院財政金融委員会で問いたださせることに成功しました。
 
 ただ、刑事事件は結局、不起訴。
 検察審査会にも持ち込みましたが声は届きませんでした。
 参院でも当該の共産党議員がこの日(初の質問の日)を第1回として、シリーズで取り組みたい」としていたのが、いつの間にか腰砕けになり雲散霧消する結果となりました。(なんで腰砕けになったのか、真相を究明したいところです)

 一方で金融庁は参院でものらりくらり。
 武生信金を監督していた金融庁傘下の北陸財務局は、報道機関の取材に対しても「個別事案には答えられない」を繰り返すばかりでした。
 
 結局、どの公的機関も事の真相を明らかにする努力を怠ったわけですが、ここで民事訴訟が和解。
 旧経営陣が事実上、不正融資の事実・責任を認める形となったのですから「検察、金融庁、北陸財務局は今まで何をやって来たのか」と言う点が浮き彫りとなりました。
 
 検察は起訴便宜主義とはいえ「この事件の社会的問題点をどう考えているのか」という思いですが、特に問題なのは金融庁、北陸財務局でしょう。
 地域に密着した役割の金融機関である信金が、一般事業主には数%の金利を取りながら、不正融資した酒造会社には最終的に0・1%という恐るべき低利で融資していました。
 そして乱脈融資を繰り返し、最終的に破たん寸前となった信金は福井信金に事実上の吸収合併となりました。
 ワンマンで帝王気取りの元理事長が、このとんでもない経営を主導したことは明らかで、その上、パワハラ、セクハラを繰り返すお気に入りの管理職を放置しました。

 北陸財務局はこの事実が明るみになる前にも、信金職員から内部告発を受けていたことが明らかになっていますが、何も手を尽くしませんでした。
 公になった後も、事実を究明しようとせず、また「犯罪があると思料されるときは告発しなければならない」と刑事訴訟法に定められているにも関わらず何もしませんでした。
 
 地方の財務局と信金との癒着は公然の問題となっており、以前は財務局職員への「飲ませ、食わせ、抱かせ」が横行していたというのですから(今もあるかもしれません)、構造的な問題と言えます。
 銀行の場合は監督するのは金融庁本体ですが、ある銀行員は不正融資事件を知り「財務局はこんないい加減な金融検査なのか!」と絶句していました。

 金融庁はこの不正融資事件の問題点をしっかりと洗い出し、財務局をしっかりと監督。
 財務局は血を流すつもりで自浄し、健全な金融機関の監督に努めて欲しいものです。
 
 おかしな事があれば、社会問題被害者救済センターにご一報を。
 

【完全勝利】旧武生信金・不正融資訴訟が和解

 旧武生信金・不正融資訴訟が和解
   元役員全員が支払い、事実上の全面勝訴

武生信金訴訟・和解
 
 社会問題被害者救済センターの村内代表が訴訟団長を務めている「旧武生信用金庫(現福井信用金庫)・不正融資訴訟」で9日、福井地裁での和解が成立しました。
 福井新聞など報道機関が報じました。
 事実上の全面勝訴です。
(写真は福井市内での会見の様子。村内代表(左)と高谷弁護士)

 この訴訟は、元理事長2人が2004~11年、福井県越前市の酒造会社に不正融資し、旧武生信金は回収の見込みがないにもかかわらず、巨額の融資を続行したというものです。
 残高を15億円近くまで膨れ上がらせた上、迂回(うかい)融資を繰り返した結果、大部分を貸し倒れ処理し同信金に損害を与えました。
 訴状では元理事長2人だけでなく、元役員10人にも融資の実行責任や監視責任があったと主張して、総額12億円余りの損害賠償を求めていました。

 地裁側の和解勧告に対し、元理事長以下、全員が和解に応じました。
 和解し一部とは言え多額の支払いを認めたのですから、被告側は自分たちの落ち度を完全に認めたものと解せます。
 絶対無実なら、闘い抜けばいいわけですからね。

 2015年の提訴以来、3年。
 村内代表の社会正義に対する執念がようやく実りました。
 この訴訟は同信金へ出資していた会員による会員代表訴訟です。
 村内代表は同信金の腐敗した状況について内部告発を受け、問題の解決、被害者救済に乗り出したものです。
 もともと村内代表は会員ではなく、訴訟や資料分析を手伝っていたのですが、訴訟の代表を務めていた会員が一身上の都合で訴訟を続けられなくなり、村内代表が会員となって訴訟団代表に就き陣頭指揮に当たったのです。
 村内代表は福井市内で会見し「元理事長2人をはじめ、役員全員が支払う内容で『全面勝訴的和解』と自負している」と述べました。

 和解では解決金として元理事長が3千万円、もう1人の元理事長が1700万円の信金への支払い義務を負います。
 元役員10人の支払い義務は55万円から880万円。一方、信金は解決金をもって融資に関する経営責任を果たしたと認めるとしていました。

【勝山剣光堂事件】迫る結審。迷走の果てに逆走!?

 村内代表の論説

  迷走の果てそして逆走・・・迫る結審カウントダウン!!

  このまま罪を認めないのか!!聞こえるか被害者の叫び!!!


 勝山剣光堂刑事裁判が、2月1日午前10時から福井地裁1号法廷で定刻通り開廷した。

 被告人質問は、被告人代理人・検事・裁判官三人の順に進行し閉廷したのは、昼1240分を過ぎた頃だった。


 争点は、警察に押収された軍刀とナカタ製模造拳銃・小銃・古式拳銃等。


 被告人質問内容は、工作機械の旋盤を使用したことがあるか・・自動車整備工場でアルバイトを数週間した際に使用経験がある。

 電気グラインダーの使用・・刀剣の粗削り切断に使用した。

 刀身の研磨について・・外注依頼もするが自身も作業した・・と主張するが、警察の話では、勝山被告に研磨の技術は無いに等しいと断言していた・・。


 軍刀の修理は、登録してないものについては、違法作業になることを認識していたのか・・殺傷能力がある武器としては違法と云えるが遺品として考えた場合、違法ではない・・またしても勝山国憲法論を主張。

 軍刀は、いつから存在していたのか・・幼稚園の頃から店舗4階の押し入れにあった。

 昭和45年の新聞に小分けして巻かれていた。

 軍刀の所有者は誰・・叔父の勝山カツヤスの所有物と主張。

 但し叔父の主張は、被告の父親マサオの所有と主張。

 因みに叔父は、平成9年~10年に勝山剣光堂を辞めている。

 辞めた理由は、勝山剣光堂が債務超過にあり借金を背負うのを嫌ったためだという。

 叔父の所有物だという根拠は何か・・幼い時に触ったら叔父に怒られたから。

 ・・そりゃぁー子供が刃物を触れば、普通の人は叱るに決まっている・・。


 模造拳銃・小銃・古式銃について・・銃口に詰め物があり発射できない無可動銃だと思った。

 違法性について・・違法であるかは、自身の判断ではなく審査員の判断である。

 ・・日本で銃所持が許されないことも理解できないのか。

 勝山被告からすると軍刀も拳銃所持も厳密にいえば違法ではないらしい・・但し、第三者から見れば違法性を追及されるという主張。

 勝山被告身勝手不満爆発主張・・何度も福井署・教育委員会に行ったが申請を拒否され脅しや容疑を掛けられ受理されなかった。

 顧客とトラブルになったことで福井県から悪徳業者に仕立て上げられた。

 銃口の詰め物を警察官が外しデッチ上げられた。

 古物商として銃を警察署に運ぶことは違法となるので運搬できない・・警察が店舗まで来ればいい・・・・。

 もはや誰が何を聞いても勝山憲法論を力説するのみ。


 所有していた軍刀・銃も叔父のものと主張し・・だったら、叔父に返還しなかった理由を聞かれても明確に答えられず、被告人自らが笑い出す始末・・・軍刀104本所持についても、いつか美術的に認められる時が来るから隠し持っていた。

 指揮刀であっても銃刀法違反であることを伝えられても勝山被告には馬の耳に念仏にしか聞こえないのか・・。

 次回期日未定

前のページ