FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【共産党・宇野議員不祥事】副議長を辞任

  共産党・宇野議員
 ようやく副議長辞職!!
 議員職にはしがみつく!!!
 本当に過失!??
 公職適格に疑問符!!


  (下の画像の文面は宇野議員の釈明の内容)

宇野釈明
 福井県池田町の宇野邦弘議員(共産党)が、今月上旬に開かれた池田町議会で、ようやく副議長の辞職願を提出した。集落の団体へ渡すべき福井豪雨時の災害補償金を、不適切処理したことを認めた。

 しかし議員にはしがみついた形だ。

 「罪状」はこうだ。宇野議員は2004年の福井豪雨で被災した山林の災害補償金として県から地区の団体へ支払われる予定だった56万円のうち、45万円を第三者の口座に振り込ませていた。

 当時区長だった宇野議員は16年までに45万円を区に返済したが、一部区民から今年1月、宇野邦弘議員への議員辞職勧告を求める要望書が議会に提出されていた。

 哲山会では宇野議員の釈明内容を入手した。釈明では「誤った処理をした」としているが、果たして単に「誤っただけ」と言えるのだろうか。「誤って第三者の口座に振り込んでしまった」というのなら、第三者から返金してもらえばいいだけであって、自身が10年以上かけ区に返済する必要があるだろうか。

 何らかの理由で「第三者」に金を渡す必要があったと考えるのが自然で合理的だ。

 この状況を踏まえれば、公職である町会議員を続ける資格がないことは明らかだ。共産党は速やかに議員を辞職させるべきだろう。


スポンサーサイト



【告発】報道機関でイジメ、哲山会がメス!

陰湿パワハラ報道機関でも!

追及する立場の報道機関でイジメ炸裂か!

三権を監視する報道の闇闇闇!!

誰も助けてくれない実情に哲山会がメス!!!法廷決戦へ・・・


 イジメ問題は、学校だけで発生しているものではない。多くの人が、周囲で起きている状況を目にすることであろう。

 内部告発すれば、身の補償もされず、矢面に晒される危険性も有り黙ることが最善の策と考えるのであろう。ドラマ白い巨塔が何を意味しているか深く考えてしまう・・・。

 よりによってイジメ問題を強く追及している報道機関で堂々と起きているということであれば本末転倒である。守秘義務が、最前線に立つ報道機関で誰一人問題視しない実情の中で信頼される報道が出来るのか・・甚だ疑問である。

 来月、提訴確実になっていることから、裁判を通じて明らかになるであろう。

【強姦事件で非弁活動】新手詐欺を提訴へ

極悪非道たる強姦事件!弁護士法違反?!

解決を装い金を騙し取る手口で被害者ドン底!!!

過去に例を見ない新種の詐欺事件に発展か!!

こんな悪い奴を断じて許さない・・法廷決着へ!!!


 昨年8月深夜に独身女性宅に侵入し強姦に至った極悪非道たる事件(→過去記事)であるが、強く精神的苦痛を受けた被害女性から、強姦事件だけではない真相が明らかになった。

 恐怖に怯える被害女性に大物代議士・捜査機関・弁護士のパイプをチラつかせ安心させる手口で騙し、さらに知人の警察官名刺を見せ完全に信用させるというもの。追い込まれている被害女性からすれば、信用せざるを得ない形である。

 弁護士費用として数十万を預けたが、弁護士の影も形も見えてこない。催促しても誤魔化し続けられたというもの。

 強姦した加害者との接触も全て単独で行い、被害女性に示談書の書き方までネットを引用して書かせたというのだから、もはやプロの手口としか思えない。

 通常、示談書は互いに保管するものと思えるが被害女性には渡されていない。どうやらこのオトコ、善意の第三者として近付き金だけが目的だったことが疑わしいことになる。

 提訴も確実になっており、法廷での決戦が来月にも始まりそうである。

【石川県不祥事】県土木事務所の元所長ら書類送検

石川県・粟津温泉道路拡張公共工事費

県土木事務所元所長・幹部職員が書類送検!!

弱者たる業者イジメに怒り爆発!!!

税金の無駄遣い湯水の如く・・・


 石川県の出先機関である県南加賀土木総合事務所の元所長と幹部職員が、発注工事を巡り業者に無関係のイベント費用の支払いを強要したなどとして、強要と背任の疑いで石川県警に書類送検された。

 哲山会の村内代表が昨年3月、金沢地検に告発していたもの。

 書類送検については北陸朝日放送が24日、独自ダネで放送した。

 →北陸朝日放送のユーチューブ https://www.youtube.com/watch?v=0vmmimCWrS8

     ×   ×   ×

村内会長の論説

 刑事事件へと発展したこの問題の経緯は、過去ブログで紹介した通り(http://mondaikyusai.blog.fc2.com/blog-entry-150.html)で省略する。

 令和2年3月24日石川県警察小松署より捜査の終結の電話が入った。今後は、金沢地検での捜査に入るとの説明であった。

 捜査当局への流れとしては、名古屋地検特捜部に提出した告発状から始まった。御存じの通り、特捜部への告発状提出のハードルは、非常に高いものである。簡単な事件を取り扱えるほど暇ではないということだ。告発状を提出した際も約3時間もの時間を要し受け付けた経緯であった。

 その後、名古屋地検特捜部より重要文章が送られ金沢地検での捜査が開始された。当時の状況は、石川県内で報道掲載され大きな社会問題となり、矢のような取材が県知事に向けられた。

 金沢地検の方針として県警にも告発状を提出させ異例の合同捜査となった。それから一年が経過し書類送検となったのである。

 当方としては、被疑者を起訴し法廷での解明を強く望むものである。忘れてはならいのは、税金が投入されているということである。