FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【勝山剣光堂事件】民事2次訴訟、全面勝訴!

村内代表の論説

 風前の被告勝山に更なる全面敗訴!!! 

 悪徳業者の烙印!!!

 勝山理論こそ文化財破壊でしかないのだ!!!


 619日午後110分に勝山剣光堂事件・民事2次訴訟の判決が言い渡された。

 前回に引き続き全面勝訴いう申し分のない判決であった。


 結審では、被告勝山に判決文郵送ということで説明があったが、なぜだか被告人勝山が出廷していた。

 余程に被告勝訴という夢でも見たのかは不明だが・・・業務妨害で1000万円が妥当という宝くじにでも当たったかのような判決が出るハズと思い込んでいたのか・・誰も知る由はない。

 大勢の報道陣が傍聴する中で大恥晒しになったことは夢でなく現実だと気付いて欲しいものだ。


 判決後、一人寂しく原告代理人を囲う報道陣を見ている被告人勝山の目に映る光景は、全面勝訴して報道陣の取材を受ける自身を思い浮かべていたのかも知れない・・。

 ブラックジョークかは知らないが、控訴する方針をぶちまけていたが、2週間という控訴期限にハードルの高い控訴理由書を作成しなければならない。


 そして期限の翌日には刑事裁判論告求刑が待っている。

 控訴審まで3カ月として刑事裁判の判決も出ていることになり待ち受ける波は、エベレスト山脈を越えるものとなろう。

 控訴棄却となって更に上告し最高裁の判断まで6カ月・・・果たして大気圏スレスレの波を乗り越えられるのか。

 もはや争う事を止め人生を見つめ直すことが先決ではないのか。


 前回の刑事裁判で裁判長が問い掛けた言葉を思い出してもらいたい。

 裁判長の言葉には、重大な意味が含まれていることに気が付くべきではないのか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する