FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【勝山剣光堂事件】西村弁護士解任についてお答えします

西村弁護士解任の反響にお答えします

 7~8月に総会で説明


 西村弁護士の解任について多くの方々から、真相究明を要望する声が届けられています。


 金銭関係についてですが、被害者からの弁護士費用は全て弁護士の口座に収められております。

 社会問題被害者救済センター・被害者の会としての口座は開設されておりません。

 弁護士が福井に来る際の飲食代は、被害者から収めて頂いた費用からも出費しておりません。

 社会問題救済センター若しくは被害者個人から出費しております。

 ですから、福井に到着してからの飲食代は、出来るだけ弁護士の負担にならないように配慮してきました。


 被害者の方から弁護士に振り込まれた金銭は、社会問題被害者救済センターに渡ったこともありません。

 被害者の方から個人的に渡されたカンパ金も弁護士に全額渡しております。


 弁護士の金銭負担を抑えることは、活躍して頂きたいという一心からなのです。

 しかし、飲食店などで店の従業員や他の顧客への不快にさせる行為があったことでも問題視せざるに得なかったことも事実であります。

 弁護士にも何度も厳重注意をしてきたのですが、心を入れ替えてもらえなかったのです。


 そして二人の弁護士に協力してもらっているのですが、別の弁護士に依頼した別案件についても口を挟むこともあり、これ以上信頼関係を築いていくことが難しくなっていき今回の刀剣売買の発覚で苦渋の決断を余儀なくされました。

 弱者を救済する社会問題被害者救済センターとして僅かな汚点を見逃す訳にもいかなかったのです。

 テレビ・新聞等の多くのメディアに放映掲載される身である以上、常に襟を正す必要があります。

 それは仕事を離れても同様だと思います。

 スター気取りになってはならないのです。


 問題になっている刀剣ですが、3振りの内、2振りは追跡調査により所在が判明しておりますが、高額であろう1振りは、追跡が難しい状況にあるということが報告されております。

 強制執行が成功し納得する形で売買され多くの被害者のために使われることを一番に望んでいたのは、無念で亡くられた被害者だと考えます。

 私の考えは、遺族の了解を得て墓前に報告することを願っておりましたが、それも出来ずに無念に思っております。

 日程は、未定にはなっておりますが、7月下旬か8月上旬ころには、総会を開催し説明をしたいと考えております。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する