FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

無許可建設・太陽光発電施設の続き

 太陽光発電施設が、農地転用の許可を得ず建設された問題。
 農地転用の許可権限があるのは、福井市の農地の場合は福井県になります。

 既に福井市にこの問題の情報が入っており、市としては撤去し原状復帰を求めることになります。

 それでも業者が動かない場合、市は県に通知することになります。
 これを受けて県も原状復帰へ働きかけるのでしょうが、最終的には「行政代執行」ということになるそうです。

 行政代執行の費用は業者に請求されます。
 反社勢力ではないのですから未払いのままにすることはないと思いますが。

 問題は「なぜこの業者が農地転用をせず、太陽光発電施設を建設してしまったか」ということです。

 普通なら正規の手段をとって農地転用を行うはずです。
 実際、付近には既に正規の許可をとった太陽光発電施設があります。

 何らかの甘い見通しがあった。
 例えば誰かが「俺に任せれば見切り発車でも大丈夫」と空手形を切った可能性もあります。
 
 業者としては早く建設し操業したかった理由があったのでしょう。

 以前にもブログに書きましたが、この空手形を切った人物が福井市会議員であるとの情報があります。
 
 いずれにしても業者はこの人物の力量を見誤ったとしか言えませんね。

 自分で撤去するか、行政代執行の費用を支払うか、というところに行き着いているようです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する