FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【ブラックジャック先生からの提言】熱中症予防には「体を冷やす」

医療最前線に立つ天才ドクター!!! 熱中症報道へ感想・・・

水分、冷房より「体を冷やす」工夫を


 熱中症予防に水分塩分補給と言われますが、実際に病院に搬送されてくる方は、大部分の方は、しっかり水分補給を取っておられます。

 つまり、水分補給されていても熱中症になっているのです。


 では、なぜ熱中症になっているのかというと、水分を補給しても発汗による気化熱では体温を下げられず、中心体温が上昇しすぎて救急搬送、死に至るというのが現状という。

 気温が高すぎて汗の気化熱程度では体温が下がらない。

 湿度が高いので汗が蒸発しない・・従って摂取した水分は、蒸発せず体に残っている。


 普段から有効に発汗するように体が鍛えられていない・・外に出ない・運動しない・クーラーの部屋にいる・高齢で環境に適応できない。

 小児は、体重に比べて表面積が相対的に多いので体の貯水量より発汗量の方が多いので直ぐに干上がってしまう。

 また、死亡例は脳が高温に耐えからではないかと想像する。

 これらに対して論理的に対処する必要があるという。


 報道では、水分とクーラーを多く発信しているが、それも正しいのですが、

・ペットボトルではなく保冷できる水筒を持って冷たい水やお茶を飲んで中から体を冷やす

・冷媒を保冷バッグに入れて体を冷やす

・帽子を被り脳を冷やす

・水で濡らしたタオルを首に巻いて冷やし脳に熱い血液を送り込まないようにする

等、体を冷やす工夫が大切だという報道による提案が少ないように思えるという。


 例年よりも暑さが増していることは、間違いない。

 我々が子供の頃にカブト虫やクワガタ虫を捕まえに走り回ったあの頃に熱中症になった記憶がない・・日射病という言葉を聞いたことはあるが・・。

 この時期、外出には体を冷やす工夫が必要である。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する