FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【告発連載】某議員の裏の顔 被害者無残

 村内代表の告発

議員の由々しき裏の顔・・・被害者からの悲痛な叫び!!!


  社会保障・生活を守る等の声を高々にして目出度く当選した議員だが、決して表に出ない過去を紹介してみたい。

 被害者は、生活に困窮した時に相談したのが、この人物・・。福井県では一応、誰でも聞いたことのある人物だと思う。相談に乗ってもらったということで被害者は、信頼も寄せていたという。

 しかし、その人物からは、日増しに度の超えた要求が増えていったという。

 初めに広域な新聞配達を手伝って欲しいと言われ週二日程度の配達をするようになった・・被害者が助手席に同乗すると運転しながらビールを飲酒していた時もあったというのだから開いた口が塞がらない。

 月末には、新聞代の請求を頼まれた。生活に困窮しているということで配達で消費する燃料代を願い出ると断られたという。

 田んぼの水管理も手伝ったという。時には、子供の送迎や廃品回収まで・・。時には、会社の社用車を使用することで社長に怒鳴られたこともあった・・人物からは、許可を得ているようなことも言っており、安心していたが許可を得てなどなかった。

 新聞代の請求で各戸を回ると人物の評判の悪さが頗る悪いということも知ることになった。

 食べることにも困窮していたことで半俵の米を手伝ったお礼ということで貰った。米の袋からするとかなり古い古米だと分かった。袋を開けるとカビと虫の死骸が大量に入っていた。

 袋には何かに濡れたシミが付着しており、家で飼っている犬の尿だということも分かった。汚れてない部分を取り出し炊いてみたが、悪臭でとても食べられるものではなかった。

 他にも食べ物を貰ったが、腐敗しているものばかりであった。結局のところ、全国から送られてくる品々を食べきることが出来ず処分に困って渡されたというのだから、有難迷惑な話である。

 親族の葬式の際も家の掃除や案内看板の作成や会社から暖房器具を借りて暖房の管理までした。家族は何もしないのにと・・近所の人からも不思議がられた。

 それだけ奉仕しても言葉がなかったことに怒りを感じたという。

 選挙になれば、無償で電話掛けも手伝ったという。ここまで聞くととても人間扱いされてないと感じてしまう。選挙の時は、社会保障や生活を守る等と綺麗ごとを並べているが・・。

 精神的にも追い込まれ、実情を会社社長に相談し借りた金銭も社長が負担してくれた。豪雨被害で見舞金が出されたが、その多くは無理やり取らされた新聞代に消えていったというのだから、イジメに過ぎない。

 教育関係でも熱弁を声高々に質問し有権者からの信頼も厚いが、裏の顔はおおよそ議員たる資質には程遠い人物だと思われる。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する