FC2ブログ

【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関

【勝山剣光堂事件】大きすぎた保釈の影響

 村内代表の論説

被告勝山を野放し無法地帯にする法治国家!!

裁判所の使命を忘れたのか・・

国民の安全安心喪失機関?!


  本日掲載の福井新聞に驚かれた人も多く存在すると思う。小生にも多数の連絡があり反響の大きさが理解できる。

 見出しは「保釈中に不当要求か」と大々的に掲載されている。神奈川県の被害者が、刀のハバキを発注したところ、1~2ヶ月の納期で1万円程度の契約で発注したとのこと。ところが、納期が近づくにつれ進捗状況を被告勝山に確認したところ、納期は被害者が設定したもので被告勝山が指定したものではないと突っ跳ねたという。

 それに勝山剣光堂は、注文が混み合っていて仕上がりが遅れるという返答だった。そこで被害者も不審に思いネット上に掲載されている問題に目を通し気が付いたという。掲載されている内容が、実に自身に起きている事件と同様であることに失望したという。

 しかし、被告勝山の凶暴性が身に降りかかることを恐れ被告勝山の要求通りに支払ったというもの。その他にも宅配最大手との補償トラブルも同時に起きている。保釈中の身であることも関係なしに契約金の6倍を要求され支払ったという。

 保釈請求事項に何等問題がないということで認められシャバの空気を吸っているということだが、新たに犠牲者が出でいる以上、問題がなかったとは到底納得がいくものではない。それに福井警察署でも事件を把握している様子だったが、動いている気配は感じなかった。被告勝山に何を言っても無駄だから放置していたでは本末転倒もいいところである。

 他にも数百点もの陶器類や毛皮・ブランド品を着服された被害者も存在しているが、捜査機関も放置しているとしか見えない。被害者は、福井署にも相談しているが解決の糸口が見つからなく苦しんでいる・・・これが現実なのである!!そして新たな被害者が後を絶たないのだ。

 それで求刑の5年は重過ぎるから3年にしたというのだから、野放し無法地帯と揶揄されても尤もな話であろう。反省もなく厳罰を持って更生させるという裁判長の判決理由だったが・・・消去法で減免していくのなら再犯を増殖する判例にしかならないと思われる。裁判所の使命とは、国民の生活安全を守ることが大前提にある。

 5年が重過ぎるのではなく本来なら併合して7年半の求刑になっていても何等問題があるとは思われないものを5年にしたという形を重視するべきではないのか。保釈中にも同等手口を繰り返していることが控訴審で明らかになり7年半の実刑が確定することを願っている。

 民事の第三次訴訟も来月に迫っており、体制を緩めることなく進めていく方針である。

スポンサーサイト

コメント

○×の数で決めた?

保釈不許可事由

○非該当【1】被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁固に当たる罪を犯したものであるとき。

○非該当【2】被告人が前に死刑又は無期若しくは長期10年を超える懲役若しくは禁固に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき。

×該当【3】被告人が常習として長期3年以上の懲役又は禁固に当たる罪を犯したものであるとき。
⇒被告人は1998年ごろから同様の犯行を繰り返していると見られ、警察や消費者センターへの相談および民事訴訟多数につき常習性は明白。しかも求刑5年、判決3年なので、これに十分該当。

△【4】被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
⇒起訴容疑に関するかぎり証拠品が警察に押収されているので問題なさそうだが、常習犯につき未解決の被害事例多数。

×該当【5】被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき。
⇒過去に被害者を畏怖させる行為の事例複数あり。被告人の拘置中にも会社がそうした行為をしており、被告人が保釈されて会社に戻れば、同様の行為をすることは十分に予見可能。

○非該当【6】被告人の氏名又は住居が分からないとき。


合計
○3
△1
×2

  • 2018/09/22(土) 13:48:36 |
  • URL |
  • 悩める被害者 #CGa5TOGo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad