FC2ブログ

【鬼手仏心】社会問題被害者救済センターのブログ

福井の権力を監視する弱者救済・告発機関

【勝山剣光堂事件】被告、実刑判決のはずが保釈!

民法・刑法も通じない!実刑判決も恐れぬ!!収束不能男!!!

保釈中にも同手口で犠牲者発覚・・更に控訴後保釈許可!!!

犯罪者に極手厚い司法判断に被害者大激怒!!!


 民事三次訴訟が始まり来年早々にも判決が言い渡される運びとなっている。勿論、今回も全面勝訴に向けて着々と進めている。そして四次訴訟も準備に入っている。そんな中、控訴して拘束されていた被告勝山が、三次訴訟に参加していた。

 920日の福井新聞掲載の記事でも仰天した人も多く存在したと思われるが、保釈中にも関わらず同手口で不当要求という内容だ。この件については、地検検事・福井署にも報告されている。

 福井新聞記事に真っ先に反応したのは、被告側であった。保釈を許可する以上、厳しい約束事が課せられるが、被告勝山には、どこ吹く風といったところ・・。未だに偽名真木源蔵を使用し通用しないか勝山剣光堂規定を盾に悪徳商いを続けているという。

 控訴後は、さすがに保釈申請も簡単ではないと思われたが、そうでもなかったようである。司法は、死んでいるのか・・・。福井地検からは、被害者に対し控訴審に対して説明が入っているとも言うが、悪質かつ危険人物を野放しにしておいても不安が広がるだけである。当然ながら、何かやらかせば即刻御用となることは間違いないにしても・・保釈後の責任は誰が取るのか・・まさに無法地帯と化している。

 お決まりではないが、控訴して約3ヶ月で動きが出て上告ともなれば約6ヶ月で動きがあると推測するとその期間中も犠牲者が出る可能性もある。裁判所の職務には、国民の生活財産を守る義務があることを忘れないでもらいたいものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad