FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【福井・池田中生徒自殺事件】校長ら不起訴、検察審査会へ

 福井県・池田中の生徒自殺事件
福井地検が校長ら不起訴!!
センター、検察審査会に申し立て

 福井県池田町の池田中で2017年3月、当時2年生の男子生徒が自殺した事件について、社会問題被害者救済センターの村内代表が当時の担任や校長を業務上過失致死容疑で告発していたが、告発状を受け取っていた福井地検は2月27日、被告発人の3人をいずれも「不起訴」とする判断を下した。
 いわば無罪放免。これを受け村内代表は1日、地検の不起訴判断を不服とし福井検察審査会に審査を申し立てた。審査会では今後、地検の捜査の内容などを精査し、不起訴が「不当」か「相当」か、あるいは「起訴するのが相当である」といった判断を下すことになる。
 この事件をめぐっては、町が第三者委員会を設置し原因を究明した。この結果、「担任、副担任の厳しい指導叱責にさらされ続けた生徒は、周囲の理解、協力が得られないとの孤立感、絶望感を深め、ついに自死するに至った」と結論づけた。
 今回、告発された担任、副担任の責任が明記されている。教職員に自殺の原因があった以上、学校を統括する校長の管理責任も問われるのは当然といえる。
 審査会への申し立て後、当センターの村内代表は記者団に対し「真実を究明することもなく、闇に葬り去ることは断じて許されない。子どもたちが安心して過ごしてもらうためにも今回の不起訴処分は納得できない」とし「一般市民の目線から見直して判断してもらいたい」と述べた。
 この事件は、2017年3月14日、男子生徒が同校の校舎から飛び降りて死亡した。

スポンサーサイト



コメント

その後どうなっていますか?

  • 2019/06/30(日) 20:56:33 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する