FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

福井県教組は怠慢 それとも・・・

 福井県内の教諭がパワハラを受けたとして県を訴えた訴訟。
 http://mondaikyusai.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

 福井県教育界ではこのほかにも、長時間労働の末に自殺した若手教諭が労災認定されるなど、労働環境についてさまざまな問題があります。

 長時間労働は常態化し、教員に余裕はありません。
 
 また、自殺した教諭はパワハラともみえる対応をされていたことも、遺族の証言で分かっています。


 労働環境の改善や問題解決には、労働組合というものが存在します。

 そして教育界には福井県教組があります。


 パワハラを受けた教諭も県教組に訴えたらしいですが「何かなければ動けない」と言われたそうです。

 「死亡しなければ動かない」ということでしょうか!

 教諭はうつ病と診断され、血糖値も一気に数百まで上がる状態となりました。

 全く馬鹿げた話です。

 自殺した教諭の訴訟についても、県教組の動きは鈍いようです。

 「県教委との癒着?」と勘ぐってしまうような状態です。

 
 県教組の存在意義はあるのでしょうか?

 福井県内の公立校の教職員から、月にいくらの上納金が県教組に集まるかご存じでしょうか?

 その金はいったい、どこへ行っているのでしょうか?

 機能しない労働組合には百害あって一利もありません。


 労働者の命と健康を守るのが労働組合です。

 当センターでは、県教組の在り方も監視し、追及しなければならないと考えています。
 
 同時に、今回のパワハラ問題で当センターが機能したように、今後も労働問題についても力を尽くし、当てにならない労組の役割を担い、県民、国民の幸福に寄与できるよう頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する