FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【論説】愛媛国体好成績に沸く中で ~校長パワハラ訴訟より

 村内代表の論説


 来年、国体が開催される福井県で騒がれると困る事態が公判の中で起きていることをご存知であろうか。


 どこの県でも珍しいことではないと思うが、活躍できる選手をわざわざ県外から引っ張って県の職員とかで採用し好成績を得るという県セールス・・・。


 高校野球でも問題になった特待生システムじゃあるまいし国体くらい地元選手を強化し応援したいと考えているのは県人なら皆同じではないか。


 敦賀気比の選抜初優勝に喜びを感じていたが、何か違和感がある・・。


 選抜準優勝の福井商業の時は、もっと喜びに沸いた記憶がある。


 やはり地元出身中学から地元福井商業が勝ち取った栄冠だったからだろう。



 今回、裁判になっている事件は、嶺北支援学校の本多校長が、教諭に対し飲酒運転の濡れ衣を着せたという悪質極まりないもの。


 この事件は、昨年12月にテレビ・新聞で報道され記憶に新しいと思う。


 しかし、この事件は、学校責任者の単独パワハラのみならず、同僚の教諭のデタラメ証言による陰謀説が大きな問題になっているのだ。


 で、問題の陰謀を説明すると原告教諭が、何も福井のことを知らない青森と富山の新任教諭をもてなしてあげようと自宅に招き手料理を御馳走し二次会三次会まで招待したという心温まる後輩思いの優しい原告教諭・・。


 しっかり御馳走になった新任教諭は、「余は満足」状態で福井片町から午前5時頃タクシーに乗って自家用車を駐車した原告自宅までご機嫌さんで帰って行ったという。


 ところが、この教諭たちお礼を言うならまだしも・・本多校長に「○○教諭は、飲酒運転をした!」「フェニックス通りを時速100キロで走った」等と大嘘をチクったものだから大変なことになってしまったのだ。


 原告教諭は、校長室に呼び出されイジメを受けるは、実のお姉さんまで敦賀から呼び出され叱責されたり県庁呼び出し受けたことで、精神的にもガタガタにされ病院通いにまで追い込まれてしまった。


 もともとこの本多校長は、原告教諭のことを目の敵にしており新任教諭二名の大嘘証言は、渡りに船だったのかも知れない。


 今現在、裁判で証言の嘘を暴く直前まできており見逃せないところになっているという。


 ただ、この2名の新任教諭の愛媛国体での活躍がテレビ・新聞で報道されており、来年国体の選手として活躍できるかは、裁判によっては微妙な情勢になっていることは云うまでもない。


 昨今、自殺による悲しいニュースが絶えない中で原告教諭も自殺を考えたことが何度もあり、福井県教育界における悪態は決して無視できるものではなくなっている。


 教育者が教育者をイジメ。


 教育者が生徒をイジメる負のスパイラル現象・・。


 池田中学だけがクローズアップされているが、麻生津・美浜の両中学校でも悪質な事態が、社会問題被害者救済センターに報告されている。


 将来有望な子供たちを託すには、歪んだ教育者だけに任せておいて良いのか。


 文部科学大臣が何度「遺憾」を発言しても人ごとのようにしか思われてないのではないか。


 苦しむ子供たちを守っていくことに全力を尽くしていきたい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する