FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【勝山剣光堂】叩けば出る出る犯罪歴 核弾頭級の情報も

 大型台風の爪痕が福井県内に残し去っていったが、アノ男も・・。

  勝山智充被告(福井市)の悪名は、去るどころか停滞前線となって猛威を振るっている状況にある。


 社会問題被害者救済センターに情報提供された内容を紹介していきたいと思う。

 今や世間で知らない人が存在しないくらいの勝山被告だが、刀の横領等で商いをしているだけでなくエロDVDの販売にまで力を注ぎ込んでいたということが分かった。

 過去には、NHKに自然保護を目的とした番組にも出演し好青年化した経緯もある。

 この件は、何人かのグループで運営されており刑事事件としても世間の明るみになったというもの。


 しかし、逮捕者の中に勝山被告の名前は一切挙がっていない・・・。

 勝山剣光堂本店の1階事務所のパソコンを経由し販売促進されていたというが、このご時世に県警情報網に引っ掛からなかったというのも不思議な話でもある。

 実行犯である以上、風営法にも一発アウトと思われるのだが。

 勝山剣光堂に県警のガサが入った時点でパソコンデーターも捜査対象として捜索されていたものと思われるが。

 何しろこのエロ事業でシコタマ儲けていたのは勝山智充だったとも報告されている。


     ◆    ◆    ◆


 まだまだ情報提供は続いていく。

 勝山智充と叔父とは、平成11年以降は犬猿の仲と噂になっているほど絶縁状態。

 裁判の証人尋問に出廷した叔父の発言は、誰もが疑いの持たないほどの口撃であったことで巷の噂も納得できる内容。


 しかし、今年10月に入って誰も想像もしていない情報提供が、社会問題被害者救済センターに勝山被告夫婦と懇意にしていた人物から入った。

 核弾頭級の極秘情報の中身を惜しまず紹介する。


 勝山剣光堂が客から預かった刀剣類の保管場所は、本店と本店周辺の倉庫と確認されており、県警ガサ・強制執行もその通りに行われている。

 しかし核弾頭級の情報によれば、犬猿の仲だったはずの叔父の経営する「剣光堂勝山」にも隠されているという。

 情報提供者自身が勝山被告に依頼され、段ボール2箱を福井市森田に所在する剣光堂勝山に勝山被告の自家用車で運び込んだという。


 段ボールの中身は、刀の装飾品や鍔が大量に入っていたらしい。

 また、勝山被告自身も刀や槍を運び込んでいたという。

 この情報からすると隠せるはずのない場所に被害者の刀剣類が、今も眠っていることになる可能性がある。

 確かにガサに指定される可能性はゼロという画期的な場所に違いない。

 しかし、叔父は何故に気が付かないのか。

 もしかして・・なんていう疑惑も考えられるが。

 どちらにせよ貴重な情報提供をムダにすることなく、被害者救済と真実一路を目標に、弁護士と連携して勝山トリックを解明していくことが先決だと思う。


 勝山智充に真実を語ることがない以上、我々の手によって暴いていくしかないのです。

 一年以上留置されているのに身勝手な主張ばかり並びたてる・・。

 その0.1パーセントでも商いに活かせないのか・・全く情けない限りである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する