FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【論説】知る権利と報道の自由 ~地裁の強制執行より

 村内代表の論説



 1027日に行われた勝山剣光堂への強制執行に関し、執行官が執行の数日前、報道規制とも受け取れる要請を弁護士に対ししていた。


 「強制執行の日時・場所を報道機関に教えないように」という内容。


 要は、報道を嫌う勝山被告の妻に配慮してのことだろう。


 当然、要請は却下した。


 執行官も忘れてはならないのは、こんな配慮よりも日本中で絶望に襲われている被害者の心情を無に出来ないことだ。


 今年年9月の強制執行の際に大失態を引き起こしたことを教訓に、職務を全うすることが信頼回復に繋がる。


 強制執行を妨害すれば、逮捕することを強く相手に伝えれば良いだけの話し。



 で、今回の強制執行は、午前10時から開始され店舗兼住居が留守になっていたことから、前回も登場して帰らせてしまった鍵屋さんが、今回は仕事をさせてもらえる強制開錠で幕開けした。


 しばらくして勝山被告の妻が帰宅したが、既に執行官は店舗内に突入していた。


 店舗外に勝山被告の妻の抵抗する声が聞こえてきたが・・。


 順次、被害者が店舗内に入り確認作業が、スムーズに行われていった。


 事前の報道規制もなく、この日の執行官の任務は完璧に近かったのではないか。


 社会問題被害者救済センターのブログを愛読していたのかも・・。



 一方の福井警察署の強制執行もスムーズに行われ被害者の元に返還されていったのだが、残念なことが一つだけあった。


 弁護士・報道陣に対して福井警察署を映さないで欲しいという要望。


 押収品を強制執行されたとあっては、世間的にもマズイとの考えだったのかも知れないが、逆に福井警察署に押収されたことで被害を食い止めたという考えもできるのではないか。


 いずれにせよ返還されたことは良かったと思う。


 しかし、刀剣以外に毛皮・ブランド品・陶器類の被害者が存在することを忘れてはならない。


 福井警察署には、引き続き捜査を強く願うばかり。



 1026日の刑事裁判でも、福井地検吉川検事に有力情報が被害者の会から提供されたとされ、協力体制は維持されている


 社会問題被害者救済センターに寄せられる有力情報を提供してくれる人たちへの感謝も忘れてはならない。



 話を付け加えておきたいことがあるが、何かと裁判所に出向くことが多い中で小生が必ず立ち寄る裁判所地下の喫煙所。


 兎に角、同じ職員が一時間に何度も喫煙しに来る。


 頻繁に清掃してる様子もなく携帯片手にプカプカ喫煙を楽しんでいる。どこから見ても業務じゃなく単なるサボりにしか見えない。


 裁判所職員の休憩が、一時間にどれだけあるのか・・吸い過ぎにはご注意をと伝えたいものだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する