FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【論説】カリスマ池田町政の謎 首長、議会、共産党・・【闇を暴く】

村内代表の論説

 カリスマ池田町政の謎


 中学男子生徒の余りにも早すぎる死によって全国的に有名になった過疎の町・・池田町。

 杉本町政での首長選挙が連続5期無投票当選という異常事態に、違和感を持っている町民も少なくないだろう。

 中学男子生徒の自殺が起きても現場任せの記者会見・・この非常事態に総責任者である杉本町長の会見はなかった。

 処分対象も現場教諭陣が先行されている。


 事件の元凶と噂される女性臨時教諭の姿も、町内から一家ごと消息不明となり飼われていた愛犬だけ残されている。

 愛犬のご飯は、どうなっているのか・・情がないのか。


   ◆    ◆    ◆


 この事件の後に呆れた情報が社会問題被害者救済センターに寄せられた。

 池田町三役と町議会議員の大幅報酬アップに関するもの。

 さらに町議会議員報酬が、5万円もアップされたという・・。

 昇給した理由は「月額20万程度では立候補する者が出てこない」という何とも曖昧な事情からだという。


 この手の話では、東京都の緑のおばちゃんなんかで自らの報酬カットを宣伝し人気取りにもなったが・・。

 しかし、元大阪知事の橋本氏は、議員報酬だけに留まらず職員報酬までカットしたという大手術に着手し歴史に名を遺した例もある。

 但し、池田町の場合、職員報酬は大して多くないということだけは付け加えておこう。


   ◆    ◆    ◆


 今回この事件が起きても、責任者たる議員報酬のカットは未だに聞かない。

 そんな中で町議会議員8人の中で1名だけ報酬アップに反対を投じたのが、共産党議員の宇野氏である。

 町長・国政・知事選挙・・・毎回選挙となると出てくる、福井県では選挙常連のおじさん・・・残念ながら当選歴はない。


 ただこの報酬アップ反対の裏には、共産党独自のカラクリが存在することも説明しておかなければならない。

 宇野氏に近い人物の話によると、町議の報酬が下がっても共産党議員の場合、党から支給される報酬は最低25万円程度が保証されているというもの。

 だから、反対して議員報酬が維持されても、たとえ額が下がっても自分には影響がないという理屈らしい。

 そんな実情がある中、宇野氏が反対の姿勢を見せ評価が上がるのは違和感があるというものだ。

 しかし、共産党の台所事情は裕福なものではないという。


 活字離れで新聞業界全体が同様だろうが、赤旗新聞の場合、日曜版100万部程度。日刊は、かなり厳しい20万部程度といわれている・・月に数千万の赤字といわれる。

 全国に30万人程度の党員がいて部数が20万部では、党員すら購読してないのか・・。

 寄せられた情報によると赤旗の配達をしていたが、配達代・ガソリン代も自腹だったという・・。

 豪雨被害の際には共産党から見舞金を貰ったが、一方で赤旗新聞代をとられ新聞代に消えたという人もいるという。


 地方の専従党員の報酬は少なく安定した生活ではないという。

 党中央職員で年収400万程度・20代で200~250万。

 どの業界も世代交代を急がれているが、共産党の場合も低報酬で大変に見える。


 しかし、一際目立って見えるのが、前議長の不破氏ではないだろうか・・。

 神奈川に1000坪の豪華な暮らし。

 党中央上層部ともなると年収1千万円は保証されてもいるという。

 出版すれば印税も入るという。

 こんなことを書くと党中央の外部法人組織の探偵会社に追跡されそうなのでこの辺にしておきたい。


    ◆    ◆    ◆


 かなり話が逸れてしまったが、池田町として誠意ある説明責任と処分は、首長と議員にもあるのではないか。

 4年ほど前に起きた職員の東尋坊飛び込み自殺の時も、納得がいく説明もなかった。

 若くして町民が死を選択している時に議員報酬アップしている場合か!!

 襟を正して1日も早く説明責任を町の最高機関は行うべきだ。


 次回へ乞うご期待。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する