FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【雑感】小浜病院の医師のストーカー問題の不思議

 杉田玄白記念公立小浜病院で50代男性医師が40代女性看護師につきまとい行為をしたとして、停職3カ月の懲戒処分を受けた問題が報道されました。

 ストーカーをめぐっては過去、殺人事件が発生するなど社会問題となっていて、法改正も度々なされています。

 実際のストーカー事件では、短期間に何百通のメールを送ったり、待ち伏せして強く交際を迫るなどの行為が犯罪として取り上げられています。


 ここで今回の小浜病院の事案を見ると、いま一つよく分からない点が多いのです。

 現地の事情通によりますと、

 ①病院は女性看護師に詳細な聴取をしておらず、メール送信、自宅を訪れるなどの事実関係をしっかり把握していない。
 ②病院は「毎日のようにメールを送った」とするが、それほど頻繁ではないという認識を持っている。
 ③警察は今回の問題を刑事事件と認識していない。

 にもかかわらず停職3カ月という懲戒処分が下された点に疑問の声が上がっています。

 今年6月14日に全面施行された改正ストーカー規制法により、被害者を迅速に守るため緊急の場合、事前の警告をせずに加害者に禁止命令を出せるようになりました。

 警察としては過去にストーカーを放置し殺人などの凶悪犯罪につながった事件が起きたことから、極めて迅速、確実に処理する傾向にあります。

 女性看護師は警察に相談しましたが、警察が行ったのは口頭注意と男性医師に誓約書を書かせることだけ。

 いたいけなお医者さんが警察署に呼ばれて、強面の刑事に調べ室にでも入れられた日には、そんなにひどいことをした認識がなくても「もうしません」と言うのが現実でしょう。

 男性医師は警察や病院の聴取に対し「ストーカーと思われたならストーカーなのかもしれない」といった内容の供述をしているとのことで、少々あいまいな様子です。

 さして緊迫した状況を示す証拠はなく、さらに病院として実態を詳細に調査をせず、重大な問題なのか確認しないまま処分を下したのですから、公の機関の行為としては疑問符がつきます。

 小浜病院は一部新聞に騒がれ、「くさい物にふた」方式で、実情を究明する努力を怠ったまま処分を下した格好です。
 
 現地の事情通は「これが小浜クオリティー」とぼやいていました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する