FC2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【福井税務署問題】税理士に依頼、速攻解決

村内代表の論説

納税義務は脳税対応に限る!!

税務署VS庶民・・文章通達でビビる必要なし


 前回ブログで取り上げた払え払えのオンパレード事件だが、一気に解決したことを報告する。

 社会問題被害者救済センターに相談があって委任を受けた後、当センターで策を練る。

 税務署も納税義務という庶民不向きの法律を盾に首を縦に振ることは難しい・・。

 弁護士に依頼したとしても容易ではないという考えで税理士に委任することを選択した。


 ここで大事なことは、税務署文章通達が行政指導なのか税務調査に関するものか。

 悪質でない限りいきなり税務調査という形はないと思われるが、庶民にしてみれば税務署署長の印鑑が押された文章通達が郵送されれば、マルサの女シリーズを想像してしまいビビりまくるだろう。

 そこで一息ついてもらい文章をよく読んでもらう・・行政指導というなら話し合いの余地もあるということ。

 税法に従って払う意志を明確に示すことで譲歩を引き出すことも大切である。

 本件は、税理士にこちらの言い分を明確に伝え税務署に出向してもらう手段をとった。


 弁護士さんと違って着手金も要らないので日当分ということになる。

 交通費込みでも一万円程度で・・。

 庶民派税理士さん費用は、安価にしてもらえる・・大変有難い。

 手続きも簡単で委任状に印鑑を押すだけで相談に乗ってもらえる。


 本件は、過去5年間分の徴収もなく本年度から税金を納めることで解決した。

 相談者もこんなに早く解決するとは思ってもいなかったようで満足していただけた。

 当センターとしても役に立てたことを誇りに思う。

 まずはご報告まで。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する