fc2ブログ

【鬼手仏心】哲山会のブログ

 三権を監視する社会問題被害者救済・告発機関

【強姦事件詐欺】一転、弁護士依頼。判決が延期に

強姦事件最終章のハズが!!!延期決定へ!!!

被告強気のハズが?!突然弁護人に依頼・・!

本人尋問で結審予定・・被告に何が起きたのか?!


 極悪非道たる強姦事件のお助けマンとして登場した被告だったが、助けるどころか金を要求して後は知らぬ存ぜぬで逃げ切り工作だというのだから、許される訳がない。

 裁判に突入しても代理人を雇うこともせず、一人で主張を崩さない姿勢・・まさかの結審直前での方向転換。

 422日で本人尋問を済ませ56月頃には、判決という流れで予定していたが、このままじゃ~ヤバいと思ったかは知らないが、弁護士依頼で期日延期が決定した。

 裁判所からの和解案も拒否して本人尋問を乗り切る覚悟だから、余程の自信があるものと思いきや・・。

 証拠等も出尽くした時期に何の意図があるのか知らないが、もっと早くに依頼するべきだったのではないか。

 白馬の騎士殿が、金を要求して持ち去るのでは、正義の物語もサスペンス劇場になってしまうじゃないか!

【粟津温泉公共工事事件】地検を公訴権濫用で提訴へ

金沢地検重要証人聴取せず捜査終了か!?

任務懈怠で不起訴嫌疑なし手打ち!?怠慢露呈!!

検審会議決書で捜査手抜きが発覚!?起訴権無視!

こうなったら地検を職権・公訴権濫用で提訴へ!!


 一連の粟津温泉における公共工事のイベント費捻出事件の捜査が、検察審査会の不起訴相当の議決で令和21210日付けで終了した。

 事件の経緯は、過去ブログを参照して頂きたい。

 刑事告発をめぐっては、名古屋地検特捜での告発受付から始まったが、その後、特捜と告発人との間で打ち合わせされた内容を、特捜側が一方的に「捜査地区が管轄外」との理由書を添付して戻してきた。

 特捜側に石川県は何処の特捜が担当するのか確認したが、明確に答えることはなかった。

 管轄外であるなら、告発状を受け取ること自体、任務懈怠に相当すると考えられる。

 政治的圧力だったのか疑われる大失態ではないのか。

 捜査を急務とする観点から金沢地検に告発状を提出することになった。

 金沢地検は、告発人を出頭させ検事自らが受理を伝えた。

 その際に小松署にも告発状を提出するよう要請され小松署にも同内容告発状を提出した。

 同事件は地検と小松署の合同捜査になった。

 ところが、地検の捜査に協力する立場の建設業者への聴取も証拠物の押収等もなかったという。

 検察が受理した告発状を基にした捜査は尽くされていないことになる。

 小松署からの書類送検の報告はあったが、地検独自の捜査の報告は一切なかった。

 その後、地検から不起訴通知書が届いたが、担当検事事務官からの報告はされていない。

 地検に不起訴内容を問い合わせると事務官から検事に直接連絡させるとの返答があり、検事から嫌疑なしの報告があった。

 嫌疑なしの理由を聞いたところ、理由書を送達するということで待つことにした。

 翌日、理由書が送達され、その内容に愕然とした。用紙には嫌疑なしと記されているだけだった。

 理由書というのだから、不起訴に至った理由が説明されていると思ったからだった。

 当然納得することが出来ず検察審査会に申立をした。

 検察審査会も事件番号が4件記されていることに疑問を感じたのか説明を求められた。

 やはり異例だったのか納得している様には思えなかった。

 そして1210日付けで議決され不起訴相当となった。

 議決文によると「石川県においては公共事業のイベント費立替は慣行されており国交省も認めている」という内容であった。

 そうなると石川県には、県独自の法律が制定されているのかと思えてしまう。

 石川県は、独立国家だったのかとも考えてしまうのだが・・。公共事業は、税金が使われており工事とは関係しない費用が捻出されることは法に抵触しないのか。

  次号へ

【福井県池田町会・宇野議員】町管理パイプ破損させる恐れ

共産党宇野邦弘議員に行政指導発覚!!!

水道使用量0更新?!町管理ポンプ破損の恐れ?!

区水道パイプ破裂の危険性!懲りない面々!!!


 福井県今立郡池田町町議会議員宇野邦弘氏の自宅水道量が、数カ月間ゼロであることで検針役が水道メータの故障の可能性を水道管理している池田町に連絡をした。

 町担当者が、宇野邦弘議員の自宅に設置してある水道メータを確認したところ、水道メータの異常は確認されず他の部位を調査した。

 その結果、本水道のバルブが閉めてあることが発覚した。

 自宅の水道は、区に敷かれている山水を利用していることで町水道メータがゼロであることが判明した。

 ここまでは、重大な問題であるとは指摘できないが、町水道の水圧は、区水道の水圧よりも当然ながら高いことで区水道に逆流しパイプを破裂させる恐れがある。

 それに町水道の水圧ポンプ類の破損にもなりかねない。

 町側は、区水道と町水道パイプを以前にも分配するよう指導していたという。

 町水道の水圧ポンプが破損すれば、町民に与えるライフラインの影響は計り知れないからだ。

 水道料金の節約か何かは不知だが、現職の町議会議員の資質に欠けることではないのか。

 町側は、口頭で早急にパイプ工事を指導したという。

【勝山剣光堂事件】刀返還も無残、損倍訴訟へ!

勝山剣光堂に損害賠償請求事件第一弾!!!

強制執行刀剣返還も無惨な姿に怒り爆発!!!

終わるに終わられぬ鬼滅の裁判期日決定!!!

鏡面刀身がまるでアルミ箔状態!!!


 哲山会ブログでも予告掲載しているが、強制執行により返還された名刀が福井警察署で被害者と対面を果たした。

 被害者は滋賀県在住の男性で、福井警察署に押収されていた名刀を確認したところ、鏡面の如く輝いていた刀身が無残にもまるでアルミ箔を思わせるような曇った状況に肩を落とした。

 日々、刀身の磨きを怠らず大切にしてきた名刀であったという。

 福井警察署でも錆が発生しないよう定期的に専門家に保守を依頼していたという。

 被害者の怒りは、返還されればお咎めなしでは済まされなかったことで損害賠償請求を福井地裁に申し立てた経緯である。

 本件は強制執行返還での損賠第一弾となる。

 第一回弁論は、令和3118日午前1030分と期日指定されている。

【山梨女子中生・髪切り事件】甲府地裁、本人尋問へ

山梨県女子中生髪切り不登校事件!!!

甲府地方裁判所で本人尋問へ!!!

令和2128日午後3時開廷!!!

無抵抗の子供を晒し者にする教育行政!!!

教諭は無資格で散髪営業か!?


 当ブログ・全国紙でも詳細が掲載されている事件だが、原告・被告の主張と証拠が出し尽くされ証人尋問へと開廷する。

 この問題は、全国紙・地方紙が一斉に取り上げたこともあり、国民が注視する事件へと発展している。

 子供の権利を完全に無視した学校行政の責任は重いものだ。

 この御時世に大問題になることを考えられなかったのか。

 無抵抗であるから、何をやってもいいのか。

 教諭自身が、法を無視し閻魔大王になる権利など存在しない。

 裁判所には、抵抗できない環境である学校生活の中で命令されれば、従うしかない子供の精神的環境を十分に理解し所謂イジメであることを判断してもらいたい。

前のページ 次のページ